ミステリークイズ

2018/04/26

[成歩堂龍ノ介のミステリークイズ] 第19回:「バクダンを解除せよ」

成歩堂「ん~、今日はいい天気だなあ。」

外は数日振りに晴れており、部屋の窓から外を見て、思わずそんなことを言ってしまった。

アイリス「これだけ天気がいいのも久しぶりかも」
成歩堂「最近は雨ばかりだったからね‥‥」
アイリス「うん。こんな天気の日に外出しないのはもったいないよね。さ、買い物ついでにお散歩でもしようよ、なるほどくん」
成歩堂「そうだね、せっかくのいい天気だし」

こうしてぼくとアイリスちゃんは買い物にいくついでに少し散歩することになった。

成歩堂「あれ‥‥あそこにいるのは?」
アイリス「あれ、グレグソンくん? こんなところでなにしてるの?」
グレグソン「これはこれは、おじょぉぉぉぉさまッ! いやいや大したことではないんですよ。住民から通報がありまして、わざわざ来てみれば得体のしれない箱がひとつ。アルファベットのほかに、なにやら日本語で書かれた手紙もあるのだが‥‥。ちょうどいいアンタちょっと読んでみてくれないか」
成歩堂「わかりました。ちょっと箱を見せてもらえますか‥‥ってグレグソン警部、それジ、ジゲンバクダンって書いてありますけど!!!! それにカチカチって鳴ってるってことは作動中ですよコレ!!!!」 
グレグソン「バクダンって‥‥もしかして、大きな音が鳴って、大爆発を起こすあの?」
成歩堂「それ以外にどんなバクダンがあるんですか! は、早く解除しないと」
グレグソン「‥‥でも、箱のカギは4桁の数字を入れないと開かないみたいよ」



成歩堂「これは犯人からの挑戦状でしょうか? 今はここにあるヒントを手掛かりに数字を推理するしかなさそうですね」
アイリス「ふーん、随分上から目線の犯人なの。なるほどくん、あたしも協力するから早く暗号を解いちゃって!」
成歩堂「(そ、そんな簡単にいくかな‥‥)と、とにかくまずは落ち着いて手紙を読んでみましょう。えっと、15時に爆発‥‥って、あと2分しかない!?」
グレグソン「おい、本当に大丈夫なんだろうな!?」
アイリス「なるほどくんなら大丈夫!」
成歩堂「(考えろ‥‥考えるんだ‥‥絶対にこの紙に答えが隠されているはずだ‥‥)ッ!!! そうか! 今からぼくが言う数字を入力してください!!」

バクダンを止めるためのパスワードは?

バックナンバー

関連記事