ミステリークイズ

2017/07/20

[成歩堂龍ノ介のミステリークイズ] 第10回:「スリの正体」

成歩堂:いやぁ、あの教授のお話は興味深かったね!
アイリス:ふふふ。機会があればまた会えるの!
成歩堂:それは楽しみだな‥‥ん? なんだろう、人だかりができている。

夕暮れ時の帰宅途中、ぽつりぽつりと街灯がつき始めるなか、2人は人だかりを発見する。

アイリス:おまわりさん。どうかしましたか?
警察官:ああ。実はですね、最近多発していたスリグループの一味らしき人物を捕まえることができたのですが‥‥。どうも証拠が見つからなく途方に暮れていたところでして。
成歩堂:スリグーループですか‥‥。 
警察官:犯行は単独で行っているようなんですが、被害者たちから話を聞いたところ、犯行時刻がどの事件も酷似してまして‥‥。そこで調べてみたところ、倫敦各地で時間帯が一致した被害届が複数件提出されていました。そこで同じ犯行目的のグループの犯行とにらんだわけです。
成歩堂:ううん‥‥。それでこの人がスリグループのひとりだと疑っているわけですね。
犯人:さっきから、ごちゃごちゃと‥‥なあ、俺を解放してくれよ。証拠は見つかってないんだろ? それに俺は何も盗っちゃいねえ!
警察官:何を言うか。今回は窃盗未遂でキサマを捕らえたのだ。フタを開けてみれば、最近の事件にも関わっていそうなんでな。証拠品の在処、そして残りの仲間の居場所を吐かねば解放などせんぞ!
成歩堂:証拠か‥‥アジトなどは見当がついているのですか?
犯人:フン、アジトなんて大層なもんねーよ。俺たちはその道の本職だからな。手先が器用なのさ。絶対に見つけられねーよ。
警察官:ムム! ついにボロが出たわい! キサマ、軽罪で済むと思うなよ!
成歩堂:まあまあ、そう感情的にならないでください。ぼくたちにできることがあれば協力しますよ!
警察官:やや、申し訳ない。少々取り乱してしまいました。では、お言葉に甘えまして、我々が調べた資料をお渡しいたします。何か気になったことがあれば何なりと。
成歩堂:‥‥証拠がないということは、盗んだものをどこかに隠すか、共犯者に渡している可能性もあるわけですね?
警察官:当然、それは考えました。共犯の疑いで、靴磨き、郵便配達員、時計塔清掃員、ガス燈点灯員など、犯行現場近くにいた人間を調べたのですが、残念ながら証拠になるようなものは所持しておりませんでした。

***


ホームズ:やあ、おかえり諸君! その手にしている物はボクへのお土産かな?
成歩堂:ただいま戻りました。ええと‥‥話せば長くなりますが、違います。
ホームズ:おやおや、何かのグラフのようだね。
成歩堂:ああ、これは警察官の方からいただいた資料ですよ。





ホームズ:ミスター・ナルホドー。スリが発生する時間は意外と集中しているものだね。しかも季節によってその時刻も変わるようだ。
成歩堂:たしかに。この犯行時刻って、あの仕事に関係あるような‥‥。
アイリス:時刻?
ホームズ:まあ。このボクも、季節によって起きる時間が変わるワケだがね。
成歩堂:もしかして‥‥そういうことか! アイリスちゃん、明日の朝ゴハンは遠慮しておくね。ちょっと、確かめたいことがあるから。
アイリス:うん、それは構わないけど、どこに行くの?
成歩堂:犯行時刻を見てピンと来たんだ! ぼくの推理が正しければ、おそらく‥‥

成歩堂が怪しいと考えたのは誰?

バックナンバー

関連記事