ミステリークイズ

2015/05/28

[成歩堂龍一のミステリークイズ] 第33回:「ヘンな証言」

とある劇場で殺人事件が発生した。
糸鋸刑事(いとのこぎり けいじ)が現場に急行したときには、容疑者はすでに3人に絞られていたのだが、彼らの言い分が一風変わっており、糸鋸刑事は頭を悩ませていた。

イトノコ「うーん」
??「イトノコさん。何か悩んでるの?」
イトノコ「そッスね。容疑者からの証言がちょっと変わってて‥‥」
??「どんな証言なの?」
イトノコ「それはッスね‥‥って、なんでアンタ、こんなとこにいるんスか!?」
マヨイ「えへへ」
イトノコ「笑ってる場合じゃないッス! どこから紛れ込んだんッス!?」
マヨイ「紛れ込んだって、人聞きが悪いなあ。最初から私、ここにいたんだよ」
イトノコ「な、な、な‥‥?」
マヨイ「今日の演劇を見てたの」
イトノコ「ああ、そういうことッスか。‥‥あの弁護士も一緒スか?」
マヨイ「ううん、今日は私一人」
イトノコ「そッスか」
マヨイ「(なんか、ホッとしてるような‥‥)それで、容疑者の証言の何が変なの?」
イトノコ「部外者にそんなこと言えないッス!」
マヨイ「えぇー」
イトノコ「いずれにせよ、今回の事件は手助けしてもらうほどのことでも無さそうッス」
マヨイ「へえ! すごい自信! さすがイトノコ刑事だね!」
イトノコ「それほどでもないッス」
マヨイ「デキるオトコは皆、そう言うんだよねー」
イトノコ「デキるオトコ‥‥! そ、そんなことないッス、へへへ」
マヨイ「それで、容疑者は何人に絞られてるの?」
イトノコ「容疑者は3人に絞られているッス」
マヨイ「ふ~ん、変な証言っていうのは?」
イトノコ「それはッスね‥‥あれ? なんか忘れてる気がしてるッス」
マヨイ「気のせい、気のせい♪」

糸鋸刑事が真宵に語った事件の概要は以下の通り。

被害者は今日の演劇に出演した俳優、斜道セイヤ。
出番が終わったあと、楽屋にいるところを何者かに襲われたらしく、胸にナイフが刺さったままだった。
容疑者は糸鋸刑事の言うように3人に絞られており、状況などを調べる限り、他の人間に犯行は不可能な状況で、3人の中にハンニンがいることは間違いない。
当然、3人は犯行を否定している。

マヨイ「‥‥別に証言は変わっていないと思うけど?」
イトノコ「‥‥変なのはこれからッス。容疑者は全員この舞台のお客さんだったッス。でも、全員、被害者の姿を見ていないと証言しているッス。ムジュンしてるッス! ありえないッス!」
マヨイ「ああ。それならカンタンだよ」
イトノコ「な、何が解ったッスか!?」
マヨイ「今日の演劇は変わっててね。『影で演技をする』っていうコンセプトだったの」

真宵の言うとおり、今日の芝居は舞台上の一部にスクリーンを貼り、そこに照明を照射し、影を効果的に使うというものだった。
とりわけ、被害者の斜道は舞台上にその姿を現さずに、影だけの出演であった。
つまり、今日、この被害者の姿は関係者だけしか見ていないはずであり、「被害者の姿を見ていない」という証言から、真宵は「容疑者は関係者ではない」と推理したのである。
そして、それはその通りであった。

以下、容疑者の証言。

容疑者A「だから、今日は斜道さんの姿は見てないんだって。芝居のスタートにも遅れちゃったし。入ったときには丁度、斜道さんがスクリーンの向こうで演じていましたね。なんで斜道さんか分かるかって? そりゃ分かりますよ、声聞けば。ええ、斜道さんとは知り合いですよ。どんな知り合いかって? そんなことも言わなきゃいけないの? とにかく今日は会ってないし、姿さえ見てないんです! 付き合いで来たのに、まったく、何でこんなことに‥‥」

容疑者B「私は今日の演劇、最初から見ていました。斜道さんて方は、影しか見ていません。シルクハットのようなものを被って、ステッキを持ってらした方でしょう? というか、面識も無い方なのに、何で私がこんなに疑われているのか解りません。確かに一度、お手洗いに行きましたけど、それだけで疑われるなんて‥‥。それに、私は今日初めて見ましたが、あんなに素晴らしい演技をする方を殺そうだなんて、とても思いません。表情が見えないのに、心情が見えるというか‥‥。それに男の方を、女の私がどうこう出来るわけもないでしょう?」

容疑者C「斜道さん、いい演技だったのに、残念です。いえ、知り合いではないですが、お芝居はよく見に行ってました。今日の芝居もなかなか斬新でしたよね。影だけだからごまかせるところもあるだろうし‥‥。斜道さんが持っていた木のステッキで刃物を持った敵と渡り合う場面も、影だけとはいえ迫力があって‥‥。あ、もちろん、私は今日、斜道さんに会ってないですし、殺すなんてとんでもないことです。姿だって、影しか見てないんですからね」



マヨイ「なるほど‥‥。確かに、すぐに解決できそうだね」
イトノコ「そ、そうッスか? うん、確かにそうなんスが‥‥、ええと、その、気付いたことがあったら遠慮なく言ってくれてもいいんスよ?」
マヨイ「だって、この人、言ってることがヘンだよ」

ムジュンしたことを言っているのは?

バックナンバー

関連記事

今週の逆転通信

2018年10月4日
「逆転四コマ」を更新!
2018年9月27日
「成歩堂龍一のミステリークイズ」を更新!
2018年9月21日
「『舞台 逆転裁判』最速先行抽選販売」を掲載!