ミステリークイズ

2013/08/29

[成歩堂龍一のミステリークイズ] 第12回:「ひったくられた男」

弁護士の成歩堂 龍一(なるほどう りゅういち)が街を歩いていると、急に夕立となった。
雨宿りできる場所を探して周囲を見渡すと、交番の中に顔見知りの刑事、糸鋸 圭介(いとのこぎり けいすけ)がいたので声をかけた。

ナルホド「イトノコ刑事、なぜ交番に? もしかして、ついに巡査に格下げになったんですか?」
イトノコ「ぐっ‥‥アンタッスか。笑えない冗談はやめてほしいッス。今度遅刻したら本当に交番勤務にするって、御剣検事からキツく叱られたばかりッスよ‥‥。今日は仕事でたまたま交番に立ち寄っただけッス。」
ナルホド「(あいからわず、御剣にコキ使われてるんだな‥‥)」

そこへ、あわてたようすの青年が飛び込んできた。
青年「た、大変だ!」
イトノコ「ど、どうしたッス!?」
青年はもどかしそうに傘をたたむと、その場にうずくまった。
青年「ハァ、ハァ‥‥。ちょっと、走ってきたので呼吸が‥‥。」
たしかに、雨の中をかなり走ったせいか、ひざから下が雨でぐっしょり濡れている。
イトノコ「落ち着いてからでいいッス。何があったか話してみるッス。」
青年「いや、落ち着いてる場合じゃない! ついさっき、ひったくりにバッグを奪われたんです!」
イトノコ「な、なんスとォ!」
青年「バッグの中身は母親の形見の、命より大事な宝石です。母親の形見であることを抜きにしても、時価1千万円は下らないシロモノです!」
イトノコ「な、な、なんスとォォォォォ! それで、ハンニンを追いかけたッスか?」
青年「もちろん死ぬ気で追いかけましたよ! でも逃げ足が速くて、ついに見失ってしまいました。それからすぐ、この交番を見つけて駆け込んだんです。」



イトノコ「ということは、ハンニンはまだ近くにいるッスね! 見た目はどんなヤツッスか?」
青年「ハンニンは‥‥えっと‥‥、ギザギザの髪型で、青いスーツを着てました!」
ナルホド「(う‥‥。アキラカにぼくを見て言ってるような‥‥)」
イトノコ「‥‥成歩堂弁護士、アンタがハンニンッスか!」
ナルホド「そ、そんなわけないでしょ! ぼくはこの人より先に交番にいたじゃないですか!」
イトノコ「冗談ッス。さっきの笑えない冗談のお返しッス。‥‥それより青年、ウソはいけないッスよ。本当はひったくりなんかに遭ってないッスね?」

糸鋸刑事は、どこで青年のウソを見抜いた?

バックナンバー

関連記事

今週の逆転通信

2018年10月4日
「逆転四コマ」を更新!
2018年9月27日
「成歩堂龍一のミステリークイズ」を更新!
2018年9月21日
「『舞台 逆転裁判』最速先行抽選販売」を掲載!