ミステリークイズ

2013/04/25

[成歩堂龍一のミステリークイズ] 第8回:「空白の30分」

「な、成歩堂ォ!」
弁護士の成歩堂龍一(なるほどうりゅういち)の事務所に、幼少時からの親友、矢張政志(やはりまさし)が飛び込んできた。

ナルホド「矢張じゃないか。どうしたんだ?」
ヤハリ「聞いてくれよォ! オレの家に、泥棒が入ったんだよぉぉぉぉぉ! 金目のモノはほとんど置いてなかったんだけど、タンスに入れてた今月分の食費を盗まれちゃって大ピンチなんだ!」
ナルホド「(あいかわらず、トコトン運の悪いヤツだよなあ)泥棒って…警察にはもう行ったのか?」
ヤハリ「わからねえヤツだなぁ。警察に知らせたくないから、お前のトコに来たんだろォ!」
ナルホド「そんなのわかるかよ! というか、警察に言えない事情でもあるのか?」
ヤハリ「ああ。ジツは、オレのカノジョのことでよォ…。」

矢張の証言をまとめると以下のとおり。

・泥棒に入られたあとに家じゅうを細かく調べてみたが、扉や窓に一切異常はなかった。つまり泥棒は合鍵を使って侵入したらしい。
・泥棒に入られる数日前に、新しいカノジョに30分ほど留守番を頼んだことがある。そのとき、家の鍵は自宅に置いたままだった。
・その日、近所でたまたま庭仕事をしていた住人によると、矢張が出かけていた30分間、カノジョは一度も家の外に出ていない。



ヤハリ「カノジョのことは信じたいんだけどよォ…。このとき以外に自宅の鍵を他人がさわれる状態で放置したことは、一度もないんだよなぁ。」
ナルホド「でも、カノジョはずっと家にいたんだろ? それなら、いくら鍵があっても合鍵を作るチャンスはなかったんじゃないかな。」
ヤハリ「そ、そうだよな! やっぱりカノジョは無実だよな!」
ナルホド「いや、待てよ…? 家にあるものを自由に使えたなら、30分で合鍵の型を作ることくらいはできるかもしれない。たとえば、紙ねんどを鍵に押しつけるとかさ。」
ヤハリ「そんな“紙”か“ねんど”かどっちつかずのわからねえモン、ウチには置いてねえぞ!」
ナルホド「(芸術家のタマゴなのか何なのかわからないヤツが、よく言うよ‥‥)もしかしたら、何かを組み合わせて、紙ねんどの代用にしたのかもしれないぞ。」

鍵の型をとるのに使える材料、1つめは?

バックナンバー

関連記事

今週の逆転通信

2018年9月21日
「『舞台 逆転裁判』最速先行抽選販売」を掲載!
2018年9月6日
「逆転四コマ」を更新!
2018年8月23日
「成歩堂龍一のミステリークイズ」を更新!