レポート

2014/11/06

[レポート] 舞台「戦国BASARA4」通し稽古レポート

今回も迫力のアクションが満載の舞台!

去る10月30日、東京ドームシティホールで『舞台「戦国BASARA4」』の通し稽古が行われました。

イメージ

イメージ
会場の東京ドームシティホール。
三階席まである大きな会場ですが、すり鉢状なので非常に見やすいです!

イメージ
今回の出演キャラクターたち。
左奥は構成・演出・振付担当の西田大輔氏。

今回も、激しいアクションに次ぐアクション!
舞台装置を使った大掛かりな場面転換と合わせて、キャラ同士の掛け合いも印象的な、名場面の多い舞台でした。

イメージ
舞台には垂れ幕状のスクリーンが用意され、キャラクターと合わせてダイナミックに映像が変化していました。
生で見ると、すごい迫力です!

イメージ
今回のラスボス的存在、足利義輝。
すべてのキャラを凌駕する、強大な力を発揮します。

今回は『戦国BASARA4』の初舞台化であるため、「戦友」システムを活かした演出も多かったです。
三成と家康のまさかの共闘や、政宗&幸村、佐助&小十郎の主従コラボ、
さらに浅井夫婦と勝家の確執、左近と勝家の新戦友など、見どころも多くて書ききれません!

イメージ
家康と三成は、意外な戦友行動を取ります。
宴会時の、三成の嬉しそうな(?)顔が印象的でした。

イメージ
政宗&真田の、歴史を感じる戦友タッグ。
ここに、さらに意外な人物がからみ、ストーリーが展開します。

イメージ
“豊臣の左腕に近し”島左近と、“刑部”大谷吉継。
それぞれに立場の違う、三成への献身ぶりが印象的でした!

イメージ
“第六天魔王”信長と、柴田勝家。
柴田の謀反も含め、信長を取り巻く人間模様も、より濃く描かれています。

イメージ
足利義輝に対峙する三成&家康。
二人がかりでも立ち向かうことが困難なほど、強大なパワーを持つラスボスです。

本当にレポートでは書ききれないほどの展開とお楽しみのボリューム感で、
観劇した後、感じたことを整理するのに時間が掛かりました。
とにかく、今までの舞台シリーズにはなかったようなサプライズなどなど
テンコ盛りです。早く皆さんにも観劇いただいてこの感情に共感してもらいたいです!

ぜひ皆さんも、実際にご覧ください!!

■公演スケジュール
東京公演:東京ドームシティホール ~11月9日(日)
福岡公演:キャナルシティ劇場 11月22日(土)~11月24日(月・祝)
大阪公演:森ノ宮ピロティホール 11月27日(木)~11月30日(日)
名古屋公演:中日劇場 12月5日(金)~12月7日(日)
大千秋楽ライブ・ビューイング:12月7日(日)13時回

バックナンバー

関連記事

今週の瓦版

2017年11月2日
「バサラ検定」を受けよう!
2017年8月18日
「[レポート] “斬劇『戦国BASARA』小田原征伐”ゲネプロレポート」を掲載!
2017年6月29日
「イラスト写真館」を更新!