バイオイラストエッセイ『泣けるぜダイヤリー』

2016.03.11

第二回「バイオを彩るイカした悪女TOP3!」

ゾンビを愛してやまない漫画家たまきちひろ がバイオハザードシリーズを見渡して、様々な角度から描き切るスペシャルコミックエッセイです!

第二回のテーマはシリーズの(悪の)華である個性的な女性たち。
主人公以上に強烈なキャラクターで数々のプレイヤーを翻弄してきた、そんな可憐な女性たちから特に際立った3名をチョイスしました!


作者プロフィール

たまきちひろ
秋田県出身の漫画家。2001年デビュー。
2008年にドラマ化した「walkin’butterfly」(宙出版)、「ボール・ミーツ・ガール」(集英社)など、様々なジャンルでの著書多数。

//バックナンバー

関連記事

編集部の密かなイチオシ

関連情報【グッズ情報】
「BIOHAZARD 20TH ANNIVERSARY LEON BOMBER JACKET」予約受付中!