カプコンゲームズトップ > モニターキャンペーン(第39回)

カプコンゲームソフトオフィシャル・モニターレビュー

モニターレビュー 第39回 デッドライジング 4 スペシャルエディション


いろんな意味でキワドイ!楽しさ倍増(とよっちょ)

スクリーンショットまさしくゾンビゲームの革命児!

魔界村やバイオハザードと、昔からゾンビが出るゲームは多くあると思います。恐怖の中にシリアスなストーリーが展開していく…
デッドライジングもシリアスなストーリーが展開していきますが、それを押しのけて出てくる、ゾンビをバリバリ倒していける爽快感!随所に散りばめられた笑える要素!そこら中に落ちてる武器で敵を倒し、HPが減ったらそこら中に落ちてる食べ物をパクッと食べて回復!
武器と武器を組み合わせて新たな武器を作った時にはもうどんな攻撃方法なのかワクワクが止まりませんw
今回のスペシャルエディションには『カプコンヒーローズ』を含めた全てのDLCも入ってるという太っ腹仕様。主人公のフランクがカプコンのヒーローにコスプレ!まぁ衣装が変えられるのはよくありますよね。でもこれ、違うんです。ストリートファイターのリュウになれば波動拳が出せる!デビルメイクライのダンテになれば剣と銃でバリバリ攻撃出来る!キャミィになれば男のフランクがレオタードを着るもんだからいろんな意味でキワドイ!楽しさ倍増でもう1周、いや、2周3周と楽しめます。
ストーリーはシリアスで楽しめる。そのほかの部分は爽快感や笑いで楽しめる。こんなゾンビゲームはほかにない!

あなたはこのゲーム、笑い無しでクリア出来ますか?
僕は笑いが9割ですw


大量に登場するゾンビを、ストレスフリーで気持ちよくなぎ倒せる(智夜)

スクリーンショットデッドライジングシリーズは「1」と「2 オフザレコード」の、フランクさんが主人公の作品をプレイ、クリア済みです。
新作の「デッドライジング4 スペシャルエディション」では、初作の舞台であるウィラメッテに、またフランクさんが帰ってくる!とのことで、
発売日をとても楽しみにしておりました。

ゲームを始めてみて、まず最初に驚いたのが…フランクさんが日本語で喋っていることでした。
過去作では英語音声+日本語字幕で、セリフは全て英語ボイスでしたが、
今作では完全にローカライズされ、日本語吹き替えボイスに対応しておりました。

やはり最初は戸惑いを隠せませんでしたが…(笑)
デッドライジング4では、ムービーをはさまず、シームレスにイベントが進行する場面が多かったり、
プレイヤーのとった行動に対して、フランクさんがとても多くのリアクションをセリフでかえしてくれたり、
何より、日本語版の声優さんの演技が非常に素晴らしく、感情豊かに演じられていますので、
イメージにピッタリな声と相まって、よりフランクさんが身近に…
そして、魅力的なキャラクターに感じました。
今作では、声による情報量がかなり多いので、このローカライズの選択は、個人的にはベストな選択だと思います。

ゲームシステムでも、大きな変化があったのが印象的でした。
過去作では、武器類も回復アイテムも、全て同じアイテム欄で管理していたため、
とっさに武器を変更したり、回復アイテムを使用するのが遅れたり~といったことがありましたが、
今作では「投てき武器」「近距離武器」「遠距離武器」「回復アイテム」がそれぞれカテゴリ分けされ、
上下左右の各キーと、それぞれの攻撃ボタンに配置されたことにより、
瞬時に武器の変更や、回復アイテムの使用が可能となりました。
遠距離からアサルトライフルでけん制しながら、敵密集地にグレネードを投げ、
近づいてきたゾンビを近距離武器で迎撃!
といった一連の動作が、アイテム欄を一度も開くことなく、コントローラーの操作だけでできますので、
PS4のスペックにより、大量に登場するゾンビを、ストレスフリーで気持ちよくなぎ倒せる…より爽快感溢れる、
「ゾンビパラダイスアクション」へと進化していました。
2作目から恒例のコンボ武器も、非常に強力なものから、あまり使えない、ネタ感の強いおバカな武器まで(笑)
近距離、遠距離武器だけでなく、車両にも用意されていたので、バリエーション豊かで面白かったです。

デッドライジング4で描かれる、新たな「ウィラメッテ」は、代表的なショッピングモールだけではなく、
近隣の町全体をカバーする、広大なオープンワールドとなっており、マップを探索するのがとても楽しかったです。
モール内の各ショップや、町中の色々な建物の中も丁寧に作り込んであり、
それらがロードなしのシームレスで出入りできるので、ストレスを感じることがなかったです。
オープンワールド系ゲームの醍醐味でもある、収集品集めも、コンボ武器の設計図だけではなく、
今作デッドライジング4の世界観をより楽しむための、メディアや情報端末などが数多く配置してあり、
また、それらの配置場所がメニュー内のワールドマップに表示されるようになるアイテムが
各シェルター内で販売されているので、攻略情報等を見なくても、自力で回収できる親切設計で、
大量のゾンビをなぎ倒しながら、町中を探しまわるのが、本当に楽しかったです。
屋内にないと思ったら屋根の上にあったり、隠し扉を開けたら地下にあったりと、
探索するさいに多くの場所をまわりましたが、
普通にプレイしていたら、こんなとこ来ないよ!という場所まで、キッチリ作り込まれたマップには驚きました(笑)
モニター期間内でLV95、約70時間ほどプレイさせて頂きましたが、
全ての要素はまだ回収できないくらいのボリュームがありました。

他にも、フランクさんの育成要素が、レベルアップによってもらえるスキルポイントを割り振る、
スキルツリータイプに変わり、自分好みに育てることができたり、
一度でも着たことのある衣装は、各地の鏡の前でいつでも好きな時に変更できるので、これ自体が収集要素でもあり、
その日の気分によって、気軽に衣装チェンジできたり、
メニュー画面のデザインとBGMがとても洗練されたものになっていたのも好印象でした。

今回のモニタープレイにあたり、ゲームの進行度(攻略)を重視するために、難易度は一番下のノーマルでプレイさせて頂きましたが、
フランクさんのレベルと育成状況、各種収集品を引き継いでの周回プレイも可能となっておりましたので、
このレビューが終わりましたら、最高難易度のブラックフライデーにゆっくり挑戦したいと思っております。

この度は、誠にありがとうございました!

ゾンビが大量にはびこるマップを舞台に、プレイヤーがどのように行動するか(ゲズマ)

スクリーンショットデッドライジングをプレイしたことのない方にも向けて、まず「デッドライジングシリーズの魅力」を、そして、今作「デッドライジング4の魅力」の、2つのポイントからレビューさせていただこうと思います!

■ デッドライジングシリーズの魅力
デッドライジングシリーズはゾンビが大量にはびこるマップを舞台に、プレイヤーがどのように行動するか、自由度が高いのが大きな魅力です。生存者を助ける助けないも自由。多種多様な武器を作れるので、ボスをどう攻略するかも自由です。
食器やイスなど、他のゲームでは背景のオブジェクトの一部でしかないようなものまで、マップに置いてある物のほとんどを使うことが出来るのは衝撃でした。置いてある様々な食べ物や飲み物も、回復アイテムとして食べることが出来ます。その無数のアイテム同士を組み合わせて、強力な武器を作ることも出来ます。合成で作れる武器が非常に強力で、新しい武器を作って敵を倒しまくるのが最高に楽しいです。この現地調達のサバイバル感とゲーム性が上手くマッチしているオンリーワンのゲームです!
また、マップの構造が豊かで、同じような場所はなく、マップのどこに行っても新しい新鮮なエリアが待っています。配置されている物がアイテムとして使えるので、マップの密度も充実しています。

■ デッドライジング4の魅力
「過去のシリーズからの進化と変化」
マップがロード無しでシームレスで移動できるようになったことがとにかく嬉しかったです!マップも格段に広くなり、ショッピングモールだけでなく、さらにその外の町から町へ、マップは広がっていて驚きました!町の商店や住宅にも入れるようになりました。
ゾンビの数もこれまでよりさらにものすごい数で、バッサバッサと一気に倒しまくる爽快感はやみつきになりました。拾えるアイテムの種類、着替えられるコスチュームの数もとにかく豊富。最新ハード向けに開発されただけあって、圧倒的物量とグラフィックの進化を感じました。

アイテム同士を組み合わせて作れる強力な「コンボ武器」は、種類もバラエティもさらにパワーアップしました。車両同士を組み合わせて、新たな強力な乗り物まで作れるようになりました。今作ではマップが広くなり、乗り物で移動することが多いので、バイクから大型車両まで、乗り物の種類もかなり豊富になっていて良かったです。
個人的にオススメのコンボ武器は「アイスソード」と「ウォーモンガー」!
アイスソードはその名の通り氷の剣で、氷の波動を飛ばして、周囲の敵を一気に凍らせて粉砕することが出来ます。「ウォーモンガー」はガトリングとロケット砲を撃てる超強力な兵器で、移動の時に大変お世話になります。二つとも素材が集まりやすく、強くて爽快な武器なのでぜひ使ってみてください!

過去作ではレベルアップ時に決まったスキルを習得していくシステムでしたが、今作ではスキルツリー制となり、プレイヤーは自由に好きなスキルを覚えていくことが出来るようになりました。
近接武器を強化、銃などの遠距離武器を強化、体力増加や回復アイテム所持数アップなど、自分の状況に合わせて、取りたいスキルを考えながらプレイ出来たので、このスキルツリー制はすごく良かったです。

アクション性も非常によくなっていて、素早いダッシュやローリングが出来るようになったり、回復アイテムも歩きながら食べられるようになりました。アイテムの操作に関しても、近接武器、遠距離武器、投擲武器、回復アイテムの4種類のスロットに別れ、使いたいアイテムが瞬時に使いやすくなりました。

今作の発売直前に「デッドライジング1」「デッドライジング2 オブ・ザ・レコード」を初めてプレイし、その直後に今作「デッドライジング4 スペシャルエディション」まで、順番に一気にプレイしたので、グラフィック、ゲームシステムの進化をダイレクトで感じました。

大きく進化したこの「デッドライジング4 スペシャルエディション」はシリーズ経験者にはもちろんのこと、シリーズ未経験者にもぜひオススメしたいです。ストーリーは作品ごとにひとつの事件が完結しているので、過去のシリーズをプレイしていなくても楽しめます。
このスペシャルエディションには全てのDLCが収録されていて、ボリュームも盛り沢山の集大成となっています。ゲーム内のコスチュームも大量にあり、ロックマンからストリートファイターまで、カプコンのゲームのオールスターになっています。ゲーム内の時間もちょうどクリスマスで、クリスマスDLCも収録されているので、年末年始にプレイするにはピッタリです。
デッドライジングはゾンビを倒して爽快なだけでなく、ボス戦やミッションはアクションゲームとしてのやりごたえもあり、お祭りゲームなノリだけでなく、ストーリーが意外とシリアスで引き込まれます。自分もデッドライジングシリーズを最近初めてプレイした新規ファンですが、「ゲームならでは」の楽しさがたくさん詰まっていて本当に楽しかったです!この機会にぜひ遊んでみてください!


デッドライジング 4 スペシャルエディションへのたくさんのご意見・ご感想をいただき、ありがとうございました。
掲載させていただいた3名様には、次回モニター対象ソフトをプレゼントさせていただきます。

パッケージ

タイトル
デッドライジング 4 スペシャルエディション
対応ハード
PlayStation®4
ジャンル
ゾンビパラダイスアクション
プレイ人数
1人(オンライン2~4人)
CEROレーティング
Z(18才以上のみ対象)
発売日
好評発売中(2017年12月7日)
希望小売価格
ディスク版 5,990円+税/ダウンロード版 5,546円+税


ダウンロードタイトル紹介

マイカプ特別企画

カプコン伝説

カプコンの歴史の中で生まれたさまざまな伝説のゲームやエピソードを紹介いたします!

公式ファンクラブ一覧

ブログ・メルマガ

ソーシャルアカウント

youtube twitter facebook mixi

ショッピング

イーカプコン

ゲーム連動WEB

レジデントイービルネット グランソレンタイムズ

スマートフォンサイト

スマートフォンサイト