カプコンゲームズトップ > モニターキャンペーン(第32回)

カプコンゲームソフトオフィシャル・モニターレビュー

モニターレビュー 第三十二回「ロックマン クラシックス コレクション 2」


ファン必携で初心者の方々にもおすすめできる逸品(名無しのメットール)

スクリーンショット ついに出た『ロックマン クラシックス コレクション 2』

1も買った一人のロックマンファンの自分としては「やっとか!」と思い、また「やった!」と思いました。
今回入っているのは『ロックマン7・8・9・10』の4つで『クラシックコレクション1』と比べて収録本数は少ないですがなにより7がPS4で遊べて、8のアニメーションも見れて、9・10の追加コンテンツも無料で入ってる!(9ではレガシーモードもあり)更に「チャレンジモード」もなかなか歯応えのあるモードで最後はロックマンがたおされまくりでした(笑)

また「ミュージアムモード」や「サウンドモード」も意外な設定や好きなステージの曲も聴けて良かったと思います。

ちなみに初心者用の「防御UPモード」は全然ロックマンをやったことの無い僕の友人も「めっちゃ面白いじゃん!なんで教えてくんなかったんだよ!」と僕が怒られてしまいましたがとても楽しそうにプレイしてくれました。
なによりこの「ロックマン クラシックス コレクション 2」はファン必携で初心者の方々にもおすすめできる逸品です。

これからのロックマンシリーズがよりたのしみです!!

最大の特徴の一つが「中断セーブ」機能です(おみそしる)

スクリーンショット まずはじめに、ロックマン クラシックス コレクション 2発売おめでとうございます。
ロックマンはもうすぐで30周年を迎えるということで、今作は30周年を迎えるにふさわしい作品に仕上がっていたと感じます。

今作はロックマン7からロックマン10の4作品を全て収録していて、とても大ボリュームな内容でした。
ロックマン9とロックマン10に関しては追加コンテンツを全て含んでおり、それだけでもかなりの容量です。

そして、ロックマン7~10まで一通りプレイして思うのは、「難しい、けど面白い!」という点です。
自分自身、今作が久々のロックマンというのもあり、かなり苦労させられたステージもありました。
ですが、何度も再チャレンジするうちにコツがつかめてきて、苦戦していた強敵ですら楽に倒せるようになるのが何よりも快感です。
この快感こそがロックマンの醍醐味だと思います。

なお、今作のクラシックスコレクション2の最大の特徴の一つが「中断セーブ」機能です。この機能のおかげで、失敗しても何度も同じところからやり直すことができるので、苦手なボス戦などを攻略するのにとても役立ちました。

ほかには、「チャレンジ」というやり込み要素があります。
チャレンジでは、与えられた課題をタイムアタック的な感覚でプレイするというもので、やればやるほど上達が感じされるモードだと感じました。

また、「トロフィー」機能も今作の注目すべき要素だと言えます。トロフィー取得には難度の高いものが多いですが、それだけに一つでも多くのトロフィーを取得すると達成感があります。
ロックマン9やロックマン10にはチャレンジリストがあるので、それらと同時並行でプレイすることで、何十倍も今作を楽しむことができるはずです。

さて、今度は本編以外の「ミュージアム」や「サウンド」に着目したいと思います。
「ミュージアム」に関しては、ロックマンを作る上での設定資料を見ることができ、ロックマンが出来上がるまでどのような苦労があったのかを知ることができます。中にはゲーム攻略のためのヒントもあるので、ゲームで行き詰ったらミュージアムを一通り見てみることも攻略の糸口になります。
ほかにも、ゲーム中だけでは知りえない敵キャラの設定や原案などを当時の保存状態で全て収録しているので、まるでロックマンの博物館のようなモードでした。
とくに、ゲームの映像部分の設定や、ステージのイメージ図など、2Dゲームとは思えないほど細かいところまで考えられている設定資料もあるので、ロックマンファンならば必見の内容ばかりです。

「サウンド」に関しては、ゲーム中に戦闘などで集中して聞けなかった曲などをじっくり楽しむことができるので、クリア後などにロックマンの余韻に浸りたい方にはオススメです。

こんな感じで、ロックマン クラシックス コレクション 2はかなりのボリューム作品でした。
クリアした後も、それで終わりではなくて今度はタイムアタックがあるので、まさに無限にプレイできるタイトルだと思いました。
今作をプレイすると、今後のロックマンプロジェクトにも期待せざるを得ません。

アクションゲームの最高峰はダテじゃない!(とよっちょ)

スクリーンショット アクションゲームの最高峰はダテじゃない!

ロックマンはファミコンの1からリアルタイムでやらせてもらってます。イエローデビルに泣かされたのは良い思い出ですw

ロックマンの7~10まで遊べる今作は、グラフィックがグンと上がった7~8、そしてまさかの昔テイストのグラフィックに原点回帰した9~10まで遊べるお得なコレクション。
7~8はグラフィックは上がったもののロックマンの難しさ、楽しさ、達成感は据え置き!
9~10はグラフィックは原点回帰(自分には嬉しい仕様)したもののそこはやっぱりロックマン、ゲームの面白さがギュッと詰まっているため楽しすぎてそれどころじゃない!「懐かしいけど新しい」ロックマンが楽しめます。

そのままでも楽しめる上に、アクションゲームが苦手な人でも楽しめるように、ダメージを半減する「防御力アップモード」まで付いてる親切設計もあるから楽しく進められます♪

今の時代リアルなグラフィックばかりになってますが、ロックマンはドット絵だからこそ楽しめると思います。「リアルにすればいいのか?」いや違う。ゲームの面白さで勝負したロックマンこそ「真のゲームの面白さ」を味あわせてもらえるホンモノです。

楽しさ保証!カプコンゲー最高です!


「ロックマン クラシックス コレクション 2」へのたくさんのご意見・ご感想をいただき、ありがとうございました。
掲載させていただいた3名様には、次回モニター対象ソフトをプレゼントさせていただきます。

パッケージ

タイトル
ロックマン クラシックス コレクション 2
対応ハード
PlayStation®4 / Xbox One / Steam
ジャンル
アクション
プレイ人数
1人
CEROレーティング
A(全年齢対象)
発売日
好評発売中(2017年8月10日発売)
希望小売価格
【パッケージ版】
PlayStation®4 2,990円+税
【デジタル版】
PlayStation®4 2,769円+税、Xbox One 2,780円+税、PC(Steam) 2,769円+税


ダウンロードタイトル紹介

マイカプ特別企画

カプコン伝説

カプコンの歴史の中で生まれたさまざまな伝説のゲームやエピソードを紹介いたします!

公式ファンクラブ一覧

ブログ・メルマガ

ソーシャルアカウント

youtube twitter facebook mixi

ショッピング

イーカプコン

ゲーム連動WEB

レジデントイービルネット グランソレンタイムズ

スマートフォンサイト

スマートフォンサイト