カプコンゲームズトップ > モニターキャンペーン(第30回)
カプコンゲームソフトオフィシャル・モニターレビュー

モニターレビュー 第三十回『ウルトラストリートファイターII』


あの時の仲間達と、自分の子供と、そして俺より強い奴と「スト2」を楽しみたい (投稿者:しょうりん)

スクリーンショット

ウルトラストリートファイター2は楽しい。青春時代にスト2を楽しんだ世代には本当に楽しいと思えるはずだ。
青春時代にスト2を楽しんだ世代の私は、昔の記憶を頼りながら、ガチャプレイで各キャラの必殺技だせた。必殺技の入力が簡単になっていることの恩恵もあるが、驚くことに体がけっこう覚えているものである。ジョイコンは大人の手には小ぶりだが、十分に楽しむことができる。スト2を対戦したあの頃の仲間が近くにいるので、仕事の休みが合えば、対戦したい。

私のように小学校高学年の子供がいる家庭であれば、おとうさんと真剣にスト2で「たたかうう」のもよいだろう。我が家では、普段は子供のフィールドで対戦ゲームをしてお父さんが負けてしまうのだが、このゲームならおとうさんの威厳を取り戻すことができる。どのご家庭でも、しばらくは「おとそうさん! 強すぎ!」といわれることは間違いない。

対戦した子供が弱いからといって、我が家のようにトレーニングモードで、飛雄馬を鍛える一徹のような修業はお勧めしない。コンフィグでダメージを数値で表示し、簡単なコンボで大ダメージ出ることを楽しんでもらうほうが良い。どうしても必殺技がでないなら、コントローラー設定をLITEに変え、1ボタンで必殺技が出せる設定がある。我が子はケンの波動拳が出せるようになったら、キャラ替えをして、ダルシムを使いだした。「手足の伸びるダルシムが強い」のだそうだ。

その後、子供が操作に慣れてきたのでトレーニングモードから卒業し、バディファイトモードにチャレンジしてみた。親子でバディを組んで、スト2のボスキャラ達に挑んでみると「敵は強いけどおとうさんと仲間なら勝てる!」と言って、子供もやる気満々になった。

スト2時代に「波動拳!」と叫びながら両の腕を前に突き出していた方には「放て!波Do拳」モードをお勧めする。なんと本当に両の腕を突き出すポーズで、画面内にいる敵に向かって波動拳が出せる。波動拳の他にも、昇竜拳、竜巻旋風脚、そして真空波動拳で敵をなぎ倒すことができるのだ。このモードは、私の子供がお気に入りで、笑顔で「波動拳」と叫び、汗だくで長時間遊んでいる。

子供がスト2に遊び疲れて眠りについたら、おとうさんの時間が訪れる。ネットワークを使った対戦モードで、「俺をより強いやつに会いに行く」が可能となる。自分から目ぼしい対戦相手に乱入することもできるが、対戦者からの乱入を待つこともできる。昔のゲームセンターを懐かしむために、アーケードモードでCPUを倒しながら待つこともできるし、トレーニングモードで、コンボ練習しながら待つこともできる。マッチングのスピードは速いし、相手の通信相性を確認して、良い環境の対戦をすることができる。

ネットワークを使った対戦では、自分の強さを示すポイントを奪い合う殺伐とした「ランクマッチ」と、強さを追い求めるとは無縁のスト2エンジョイスタイルの「カジュアルマッチ」がある。どちらマッチも素早くマッチングされ、ゲームの進行はメニューの操作を含めて極めてスムーズであるため、連戦も素早くできる。そのため、勝っても負けてもあまりストレスを感じない。 ネットワークと使った対戦で疲労がたまってきたら、カジュアルマッチで一杯やりながら楽しむのも最近は楽しい。

スト2をプレイすると、楽しかったあの頃の思い出が心によみがえる。するとなぜか仕事で疲れたはずの自分に少しだけ活力が沸いてくる。また明日、仕事を頑張ってしっかり終わらせ、日が暮れたら、あの時の仲間達と、自分の子供と、そして俺より強い奴と「スト2」を楽しみたいと思えてくる。


オリジナル版をプレイしたことのある人ならば当時の思い出が蘇るに違いありません  (投稿者:モルモット)

スクリーンショット

ウルトラストリートファイターⅡ発売おめでとうございます!
25年の時を経て、今こうしてまたプレイできることに喜びを感じます。

プレイしていて思ったのは、まず最初にとても懐かしいというのが一つ、もうひとつはキャラの表情はもちろんのこと、ステージの背景や音楽などあらゆるところがリメイクされていて凄いという点があげられます。
とくにステージの背景の人や建物などを一から作り直しているので、当時のオリジナル版をプレイした身としては凄い衝撃を受けました。
背景の人の動きもかなり凝っていて、思わず細かいところまで観察したくなります。
今の時代に、3Dではなくてあえて2Dでリメイクしているというのがとても貴重です。
今のゲームはぬるぬる動くゲームが多いですが、本作は昔ながらのテイストを大事にしていて、そこがゲーマーの心を鷲掴みにします。

もちろん従来のグラフィックでのプレイも可能で、その際は当時のボイスを使用しているので、オリジナル版をプレイしたことのある人ならば当時の思い出が蘇るに違いありません。
技に関しては、当時よりも技が出しやすくなっているので初心者にも安心してプレイできます。
思うように必殺技が出せないで苦労した方もけっこういると思うので、そのような方にもプレイしてほしい作品です。

そして、今作の最大の魅力がネット対戦です。
当時は友達とプレイすることはあっても、インターネットで世界の人と対戦することができなかったので、便利な時代になったと痛感します。
ネット環境も快適で、ロードが速いのですぐに次の試合にいくことができます。
なお、ネット対戦では当然のことながら上級者が多いイメージで、ある程度修練してから対戦したほうが良いと感じました。
また、キャラのカラーバリエーションを変えることもできるので、自分だけのキャラを作って彼らと差別化を図ることも可能です。

ただ、全てが昔風の内容ばかりではなくて、本作には「放て!波Do拳」という全く新しいゲーム要素も取り上げていて、そこがまた今作の魅力の一つだと言えます。
はじめは覚えることも多いので大変ですが、慣れてくると自分自身がリュウになりきってスラスラ技を出すことができてとても楽しいです。
キャラの成長要素もあって、やり込めばやり込むほど効率的に戦えるようになるのが面白いです。
そして、プレイしていると自分も思わず「波動拳!」とか「昇竜拳!」とか叫びたくなります。
けっこう体を動かすゲームなので、ダイエット効果も期待できるでしょう。ふつうのダイエットよりも楽しく続けられると思います。

あと、ギャラリーで過去に発表されたストリートファイターシリーズのパッケージや設定資料集を見ることもできるので、対戦に疲れたときはこれらを見てリラックスし、次の試合に備えるのが良いと思います。
ちなみに、当時のBGMを聞きながら資料集を見ていると鳥肌が立ちます。
まさに、当時の思い出の全てがそこにはあります。

最後に、本作品は当時のストリートファイター2世代にぜひプレイしてほしい作品だと感じました。
今ゲームを離れている人も、久々に手にとって当時の感覚を思い出してほしいと思います。

2対1なら楽勝か!と思いきや… (投稿者:PXiQ)

スクリーンショット

「覚えているか?俺より強いやつに会いに行った日のことを」

初めに書きますが私が人生で初めて遊んだゲームは、
当時絶大なブームを巻き起こしていたSFC版のストリートファイターⅡでした。

それから時を経て、最新ハードNintendo Switchで生まれ変わりました。
それが「ウルトラストリートファイターⅡ ザ・ファイナルチャレンジャーズ」です。

ビジュアルや音楽がリニューアルされておりますが、
昔懐かしいドット絵や音源でも遊べるのは良点だと思います。
あと当時SFC版にはなかった「トレーニングモード」で
コマンドの練習できるのはいいですね!

ここで本作に収録されているモードを紹介します。
まず、基本となる「アーケードモード」。
難易度の幅も広く操作方法を覚えれば一番下の「EASIEST」であればクリアできると思います。
また、初心者向けの操作方法としてLITEモードというものがあり、
ボタン一つで波動拳など必殺技を出すことができます。
瞬獄殺もボタン一つで出せるのでコマンドが苦手な人も楽に出せますね。

「バディファイトモード」では2人で共闘してボスを倒していくモードです。
2対1なら楽勝か!と思いきやHPは共有しているので、
同時に攻撃を喰らうと2倍HPが減ってしまいます。
ボスのHPも高めに設定されているので結構歯ごたえのあるモードです。
Switchのテーブルモードなら2人並んで共闘出来るのはいいですね!

「放て!波Do拳」モードではSwitchのJoyConの特性を活かしたモードです。
何と言ってもモーション通りに操作をすると波動拳や昇竜拳、そして竜巻旋風脚が出せるんです!
年の離れた小学生の妹がいるのですがこのモードをやらせてみたところ、
体感ゲームなので夢中になって遊んでいました!
通常モードが苦手な人も楽しく遊べるモードになっております。

「ストリートファイターⅡ」というゲーム。
色々と書かせていただきましたが、やはり一番の魅力はは対人戦かと思います。
このゲームでは設定をすると「トレーニングモード」や「アーケードモード」で
プレイ中にゲームセンターさながら乱入が発生します。

新しい舞台-Nintendo Switch-で昔の血を呼び起こす。
俺より強いやつに会いに行こうぜ!


『ウルトラストリートファイターII』へのたくさんのご意見・ご感想をいただき、ありがとうございました。
掲載させていただいた3名様には、次回モニター対象ソフトをプレゼントさせていただきます。

パッケージ

タイトル
ULTRA STREET FIGHTER II The Final Challengers
(ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ)
対応ハード
Nintendo Switch™
ジャンル
対戦格闘
CEROレーティング
B(12才以上対象)
発売日
好評発売中(2017年5月26日(金))
希望小売価格
パッケージ版:4,990円+税/ダウンロード版:4,620円+税


ダウンロードタイトル紹介

マイカプ特別企画

カプコン伝説

カプコンの歴史の中で生まれたさまざまな伝説のゲームやエピソードを紹介いたします!

公式ファンクラブ一覧

ブログ・メルマガ

ソーシャルアカウント

youtube twitter facebook mixi

ショッピング

イーカプコン

ゲーム連動WEB

レジデントイービルネット グランソレンタイムズ

スマートフォンサイト

スマートフォンサイト