カプコンゲームズトップ > モニターキャンペーン(第26回)

カプコンゲームソフトオフィシャル・モニターレビュー

モニターレビュー 第二十六回「戦国BASARA 真田幸村伝」


一番の凄さはストーリーの濃さ(天覇絶槍!)

スクリーンショット  
 
まずは真田幸村伝発売おめでとうございます。
真田幸村伝、初烈伝シリーズでしかも真田幸村が主役だと!?と、発売前からかなり楽しみにしていました。

プレイしてまず思ったことが、OPからの真田幸村のかっこよさ。
あれ?あんなに叫んでた、騒いでた、かわいい&かっこいい感じの幸村じゃない!?と最初から驚きました。
今までプレイしたことが有る方なら、驚かれる方が多いのではないかと思います。

いざストーリーモード!
新要素の多さにびっくり。
戦場ごとに用意されている六丸チャレンジに夢中になり過ぎて、戦場のクリアより六丸チャレンジのクリアに力を入れてしまいました(笑) 。

真田幸村が主役ではありますが、なんといっても真田一家は素晴らしかったです。色々なところにある六文銭。こんなところにも六文銭が…!とまあ色々なとこにあることにまたまたびっくり(笑)。
新キャラの真田信之と真田昌幸がなんというか面白い…!
私としては昌幸さんの技がトリッキーで…!
帽子に隠れて敵の間をすり抜けたときはわくわくでした!!

そして一番の凄さはストーリーの濃さ。
ゲームとは思えない深いストーリーでした。一人一人のキャラクターの心境から、過去と未来が繋がる瞬間。思わず涙してしまうほどでした。
ゲームで?なんて自分自身驚いたのですが、
泣かずにはいられない。そんなストーリーでした。

今回のBASARAは誰にでも楽しめるようなストーリーや要素が詰め込まれているんじゃないかなと感じています。
まだまだ遊び足りない真田幸村伝をもっともっと沢山。
プレイしていきたいと思います!!

新しい《戦国BASARA》を感じられた真田幸村伝でした。
ぜひ、プレイしてみてください!

飛ぶ跳ねる!!コンボが続く続く!!! (ぺりかん)

スクリーンショット   

これがBASARAの史実である!!

織田、豊臣、徳川……
時の列強に押されながらも生き延びる道を選ぶ、真田の覚悟の六紋銭。歴史の中に戦国BASARAあり、戦国BASARAの中に歴史あり。真田幸村の生涯を、そして成長を描いたストーリーはどの場面も迫力があり満足いくものでした。
プレイヤーの関わらないところで織田、豊臣が敗れて歴史が進んでいくというストーリーがも戦国BASARAとして新しく良かったと思います。
特に関ヶ原の合戦の現状が声だけで伝わってくる、そして圧倒的に敗れていく様子には涙を流しました。

また真田幸村、伊達政宗のアクションもいままでのものとは一新しており、飛ぶ跳ねる!!コンボが続く続く!!!ストーリーに合わせてプレイヤーが変わるのも斬新でドキドキしながら楽しめました。
新キャラクターとして出てきた真田昌幸、信之それぞれ信念を抱き、時にすれ違い、それぞれの道を選んでいく……とても魅力的なキャラクターだと感じました。
また猿飛佐助がストーリーには深く関わってきませんが、それが逆に真田に仕える忍びらしくて良かったです。
佐助の操作は通常操作でなくミニゲーム感があり、ストーリーの合間合間に楽しめました。

そしてそれぞれの合間の前日秘話では他のキャラクターを操作することができ楽しかったです。
そしてその難易度に驚きました。
まだ全てをクリアしきれていないのですが、セリフだけを先に聞いたり見たりすることができたのはありがたいです。

真田の試練では制限時間内でどこまで進むことができるかという武田漢道場にもよく似た楽しめるものでしたが、戦うのが武将だけでないこと、そして今までと武器や強化の仕様が違い、そして経験値によってレベルアップしていくというシステムではなく「型」という形になったため戸惑いました。
いままでの武器を強化していくというシステムが好きだったので少し残念ですが、プレイ中にスキルが付いていくもの面白いと思いました。

史実よりの戦国BASARAと聞いてどんなものが出来るのかと不安と期待を抱えてましたが、戦国BASARAの大作の1つだと言っていいほど満足のいく作品でした。

しかし、直接の関わりがなくともキャラクター同士の固定会話は楽しみにしていたので、全キャラクターが1対1で、もしくは好きなステージで戦えるようなステージが欲しかったです。次回作も楽しみにしてます。

幼少期から続く蒼紅の絆 (いっぽ)

スクリーンショット   

20歳の男が震えました笑

結論から言うと期待していた以上に面白かったです。
アニメ1期から戦国BASARAを知った私は、蒼紅のライバル関係がとくに好きで、今作ではどのように描かれるのかとワクワクしながらプレイしました。
いままでの作品とは一味違った関係性でしたが、幼少期から続く蒼紅の絆をしっかりと確認できました。

期待していた以上、というのはアクションやギミックなどもそうですが、ストーリーの作り込みが特によかったと思います。
父・昌幸と兄・信之。2人の新キャラと幸村の関係。
真田ブラッドに燃えました!!
とくに幸村と昌幸のあのシーン…男なのにうるうるしてしまいました笑

息子として、成人した男として、自分は父ともっと腹を割って話すべきなのかなーと考えさせられてしまいました。
そういった意味でも単に楽しいだけのゲームに終わらず、自分にとって刺激的なものになりました。

最後に、幸村伝、良い!!

烈伝シリーズ続けーー!!


「戦国BASARA 真田幸村伝」へのたくさんのご意見・ご感想をいただき、ありがとうございました。
掲載させていただいた3名様には、次回モニター対象ソフトをプレゼントさせていただきます。

パッケージ

タイトル
「戦国BASARA 真田幸村伝」
対応ハード
PlayStation®4 / PlayStation®3
ジャンル
スタイリッシュ英雄(HERO)アクション
CEROレーティング
B(12才以上対象)
発売日
好評発売中(2016年6月23日(木)発売)
希望小売価格
[パッケージ版]6,990円+税 / [ダウンロード版]6,472円+税


ダウンロードタイトル紹介

公式イベントアプリ

マイカプ特別企画

カプコン伝説

カプコンの歴史の中で生まれたさまざまな伝説のゲームやエピソードを紹介いたします!

公式ファンクラブ一覧

ブログ・メルマガ

ソーシャルアカウント

youtube twitter facebook mixi

ショッピング

イーカプコン

ゲーム連動WEB

レジデントイービルネット グランソレンタイムズ

スマートフォンサイト

スマートフォンサイト