カプコンゲームズトップ > カプコン伝説 第四十七回 初代ストリートファイター、全クリ伝説!

カプコン伝説


カプコン伝説


第四十七回 初代ストリートファイター、全クリ伝説!

新年、明けましておめでとうございます。
本年もマイカプコン並びにカプコン伝説を宜しくお願いいたします。

早速ですが、2016年最初のカプコン伝説は、コチラ!

2016年2月18日(木)に発売を迎える 『ストリートファイターⅤ』にちなみ、
「ストリートファイター」シリーズの幕開けとなった、初代ストリートファイター(以下、スト1)にフィーチャーした、題して、

「初代ストリートファイター、全クリ伝説!」

をお届けします。


これは、マイカプコン編集会議によって、発せられた一言から始まった・・・。

「スト1の全ステージをクリアしたことある人って、この中にいるの?」

顔を見合わせ、首を横に振るマイカプコン編集部員たち・・・
そう、今の20代30代前半の方々は意外にも?クリアしたことが無い人が多いことが判明。




▲初代ストリートファイター。このキャラクター達は一体、誰なのだろうか・・・。


皆さんはご存知でしょうか?ご存知ない方の為に、少しご説明しましょう。
スト1は1987年に全国のゲームセンターで稼動を開始したアップライト筐体のゲーム。
スト1のアップライト筐体は、1本のレバーの他に2つの大きなボタンが搭載され、攻撃時にこのレバー入力+ボタンを叩くことで攻撃し、実はボタンを押す長さによって発動する技が弱・中・強に変化するという、フィジカルとテクニックがものを言うマシンなのです。

そのスト1のアップライト筐体版を、マイカプコン編集部がクリアしてみせようじゃないかと言うのが今回の伝説の趣旨です。

本伝説にチャレンジする為に、スト1のアップライト筐体が設置してあるお店を探しましたが、いかんせん約29年前のものであるのでそもそも置いてあるお店があるのか…と思った矢先に見つけました!




▲見よ!この美しいコンディションのアップライト筐体を!


設置されている場所は、ウェアハウス川崎店。数多くのレトロゲームを設置している川崎ゲームセンター界の雄!そこにスト1アップライト筐体も置いてあることが判明し、早速ウェアハウス川崎店へ向かいました!

2016年1月某日






▲こちらがウェアハウス川崎店。モチーフは中国の九龍城砦です。雰囲気がスゴイ!


マイカプコン編集部員が鼻息荒くウェアハウス川崎店に到着…と思いきや、

そこにはマスクを被った男が一人・・・




▲ウェアハウス川崎店を見つめるマスクマン2号。並々ならぬオーラです。


そう、彼こそは、カプコンTV!のストリートファイターコーナーでお馴染みになりつつあるマスクマン2号その人である。
マイカプコン編集部員は格ゲーが弱すぎる為、このマスクマン2号の腕を見込み、スト1全クリの夢を彼に託したのだ!
(マスクマン2号はカプコンTV!生放送時に格闘プロゲーマーのふ~どさんに勝利したこともあり、カプコンカップ初代王者ももちさんのライバルを自称している正体不明の人物。※ただし、スト1のプレイ経験は無し。)

では、今回のルールを説明しましょう。

①予算3,000円でストリートファイター1をクリアを目指す
②コンテニューOK
③衝撃保護用としてグローブの着用OK


見事、スト1を全クリ出来たら、伝説達成です。
では、早速チャレンジしてまいりましょう!





▲筐体の前で構えるマスクマン2号。3,000円で全クリなるか!?







▲タイトル画面から、最初の対戦相手を選択。まさかのアメリカからのスタートを選択!







▲想定外だったのか、あまりの瞬殺ぶりに頭を抱えるマスクマン2号。


やはりアメリカの壁は厚い!しかーし、今回はコンテニューOK!ということで、1コンテニューでアメリカに勝利し、感覚をつかむと、あれよあれよとステージをクリアしていくマスクマン2号!
「なんという男だ…」と感嘆の声が出そうになったが、ここで壁にぶつかる。
波動拳のみで勝利してきたツケが回ってきて、中国代表の李(リー)にボコボコにやられてしまったのだ。時間にして、1プレイ約30秒程度でしょうか。そこから何と5連続負け。





▲凄まじいラッシュでマスクマン2号を葬り去る李(リー)!


ハッキリ言って、マスクマン2号では勝てる気がしない。このままチャレンジに失敗してしまうのか?と思う間もなく、「ちょっと、俺にやらせてみろよ!(Here comes a New Challenger!)」という声が!
何と、モンスターハンター公式ファンクラブ「モンハン部」のモテヤマ編集長が突如乱入!
(実は、この企画を社内でひっそりと聞いていて取材現場に駆けつけたのでした)

モテヤマ編集長いわく「ストリートファイター1=俺 でしょ?」という一言と共に、この李(リー)を一蹴!




▲突如乱入したモンハン部モテヤマ編集長。決め台詞は「竜巻旋風脚でイッパツだって!」


モテヤマ編集長のヘルプにより、難敵の李(リー)をクリアし、マスクマン2号がプレイを再開。李(リー)にあれだけてこずったのが嘘のように、勝利を重ねていくマスクマン2号。

そして、ここでストリートファイターシリーズでもお馴染みのアドンと激突!スト1から出ていたとは・・・。




▲サガットの一番弟子であるムエタイを駆使するアドン。


モテヤマ編集長いわく、アドンも相当強いとのこと・・・。
マスクマン2号の命運やいかに!?




▲10秒後にこの姿・・・


モテヤマ編集長の言葉通り、圧倒的な強さを見せるアドンの前に、なすすべもなく倒れるマスクマン2号。度重なるコンテニューを繰り返す・・・。





▲モテヤマ編集長のアドバイスむなしく散るマスクマン2号。予算も残りわずか!


予算も残り1,000円を切る精神的にも追い込まれた状況で、偶然飛び出した昇龍拳で奇跡的にアドンを撃破!




▲アドンを倒し、拳を突き上げるマスクマン2号!リュウと同じ勝利のポーズ。


そして、ついにスト1のラスボス「サガット」と相見える!




▲ムエタイの帝王「サガット」。この頃から眼帯をしていますね。


スト1をプレイされたことがある方なら、このサガットがいかに強いかを分かっていただけるかと思いますが、コインを入れて30秒以内に負けてしまうのが普通なくらいの強さ・・・。







▲タイガーショットは一発で体力の6割を削る威力。コンテニューを繰り返すマスクマン。


波動拳も竜巻旋風脚もほとんど防がれ、昇龍拳は出せない・・・
サガットの圧倒的な強さの前に残金も残り100円となり、
絶対に負けられない1プレイもまさかの瞬殺・・・。





▲最後の100円。結果は、もちろんサガットが勝利。


皆さん、予算3,000円でスト1をクリアするという伝説は達成できませんでした。
この金額を費やしてもクリアできないとは、ストリートファイターの奥深さを改めて思い知らされました。

伝説は未達となりましたが、ここからは気持ちを切り替えて、 「では一体いくらならば全クリ出来るのか?」 を検証したいと思います。予算は己の腕の未熟さを恥じたマスクマン2号が自腹で捻出。




▲このままでは終われない。という思いが滲み出るマスクマン2号。


しかし、この追加予算の1,000円を持ってしても帝王サガットを倒すことは出来ず、
痺れを切らしたモンハン部モテヤマ編集長が再び乱入。





▲「サガット懐かしぃ~。」の一言と共に、モンハン部ジャージをまとい、いざ勝負!


モテヤマ編集長いわく、「サガットは開幕で昇龍拳。タイガーショットの後に出来る隙を突く!」だそうで、その立ち姿からは余裕すら感じられます。

何と、その言葉通り、ラウンド1で昇龍拳1発でサガットを撃破!
ラウンド2はダブルノックアウトでドロー、
そして、運命の3ラウンド目・・・




▲巧みなプレイで、サガットに勝利!この男、モンハンだけの男ではなかったのだ!


激しいサガットとの攻防を制し、見事にサガットに勝利するモテヤマ編集長。
マスクマン2号ではなく、最初からモテヤマ編集長に依頼しておけば、予算内で伝説達成できていたのではないのか?という思いの中ではありますが、発表させていただきます。

初代ストリートファイターは、4,100円でクリア出来る!
(※ただし、プレイヤーのスキルにより金額は変動します。)


腕に自信のある方は、是非、ウェアハウス川崎店で初代ストリートファイターをプレイして、この記録にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

また、 ストリートファイターシリーズ最新作『ストリートファイターⅤ』 にも期待していただき、熱き格闘魂を燃やす準備を整えていただければと思います。






今回の伝説チャレンジにあたり、取材にご協力いただいたウェアハウス川崎店は、レトロゲームやメダルゲームに最新のゲーム機が多数揃ったアミューズメント施設です。
その造り込まれた雰囲気は行くだけでも楽しめますし、ゲームをプレイすればより楽しいこと間違いなしです。是非、一度足を運んでみてください。

それでは、また次回カプコン伝説をお楽しみに!


【おまけ】
初代ストリートファイターも対戦が出来て、2Pを使用すると「ケン」を使用することができます。
このままでは終われないマスクマン2号がモテヤマ編集長に勝負を挑んだ結果!




▲あまりの弱さに笑いが止まらないモテヤマ編集長。


マスクマン2号、瞬殺。






【取材協力】
施設名:ウェアハウス川崎店
所在地:〒210-0024神奈川県川崎市川崎区日進町3-7
営業時間:月~金 9:00~23:45、土日祝 7:00~23:45
※4F(ダーツ)、5F(ネットカフェ)は24時間営業
TEL:044-246-2360(アミューズ)、044-589-9651(ネットカフェ)
入店規制:18歳未満のお客様のご入場はお断りさせていただいております。
公式サイト:http://www.warehousenet.jp/store/storeinfo.php?id=210



 

パッケージ

商品名
STREET FIGHTER V (ストリートファイターV)
対応ハード
PlayStation®4 / PC
価格
<PlayStation®4>
【ディスク版】
通常版:7,990円+税
ストリートファイターⅤ HOT!パッケージ:8,990円+税
【ダウンロード版】7,398円+税
<PC>
【ダウンロード版】7,398円+税
発売日
<PlayStation®4>2016年2月18日(木)予定
<PC>2016年2月17日(水)発売予定
ゲームジャンル
対戦格闘
プレイ人数
1~2人
CERO
B(12才以上対象)
備考
PlayStation™Network対応(PS4版)
リンク
詳しくはこちら


公式アカウント

CAPCOM TV! CAPCOM Channel twitter facebook Youtube Instagram

ショッピング

イーカプコン

ダウンロードタイトル紹介

マイカプ特別企画