魅力その1 声優インタビュー

大逆転裁判のキャラクターを演じて頂いた声優の皆様に、ボイス収録後インタビューを行いました。
このページでは、その一部をご紹介します!
成歩堂 龍ノ介 役 下野 紘 Q1.収録を終えた感想をお願いします。とても有名な人気作品ですので、自分が主人公を演じさせて頂く事の期待と不安がありました。収録は大変でしたが、やっぱり「異議あり!」と発声した瞬間は気持ちいいと言いますか。(笑)この瞬間はたまらなかったです!! Q2.ご自身のキャラクターについてどのような印象をお持ちですか?また、演じる上で意識した点などあればお聞かせください。とてもアツく、まっすぐなキャラクターですが、演じる時には龍ノ介の弁護士としての初々しさやガムシャラ感、みなさまからの期待に応えつつ演じさせて頂きました。収録では時折、巧ディレクターから「たまに貫禄が出てしまっている」と突っ込まれてしまいましたね。(笑)初々しさに気を付けつつ、アツくアツく演じさせて頂きました。代表作「進撃の巨人」コニー・スプリンガー「うたの☆プリンスさまっ♪」来栖翔「ダイヤのA」川上憲史「デュラララ!!×2承」黒沼青葉
御琴羽 寿沙都 役 花澤 香菜 Q1.収録を終えた感想をお願いします。楽しみにしながら収録現場へ来させて頂きました。成歩堂龍ノ介役の下野さんともお会いすることが出来てうれしかったです。(笑)Q2.ご自身のキャラクターについてどのような印象をお持ちですか?また、演じる上で意識した点などあればお聞かせください。真面目な側面もあり、コミカルな側面もあり、とても魅力的なヒロインですね。収録現場では人気作品ということもあり、期待や不安は少し感じてしまいました。(笑)演じる上では法廷の緊張感などを意識しながら行いました。そもそも法廷に立つコトなんて普段はないじゃないですか!?(笑)収録しながら、寿沙都ちゃんは勇気と信念を持つ、女性だなと感じるコトが出来ましたね。代表作 「PSYCHO-PASS」常守朱 「寄生獣 セイの格率」村野里美 「デュラララ!!」園原杏里 実写映画「君がいなくちゃだめなんだ」主演
シャーロック・ホームズ 役 川田 紳司 Q1.収録を終えた感想をお願いします。大人気シリーズの最新作であり、しかも「ホームズ」という有名キャラクターということで、まずは収録が終わってホッと一安心しています。(笑)Q2.ご自身のキャラクターについてどのような印象をお持ちですか?また、演じる上で意識した点などあればお聞かせください。かっこいいキャラクターですが、抜けている部分もあり、とても面白い魅力があるキャラクターだと思いますね。収録ではスタッフのみなさんと一緒にその場で色々と演じながらキャラクターを作らせて頂きました。現場でキャラクターの色々な側面に一つ一つ命が吹き込まれていくという感じですね。大変、楽しく色々と演じさせて頂きました。また全力で収録を行わせて頂きました。代表作 「アルティメット・スパイダーマン」スパイダーマン 「のだめカンタービレ」峰龍太郎 「NARUTO -ナルト-」油女シノ
アイリス・ワトソン 役 久野 美咲 Q1.収録を終えた感想をお願いします。楽しかったです! Q2.ご自身のキャラクターについてどのような印象をお持ちですか?また、演じる上で意識した点などあればお聞かせください。ワトソンちゃんは幼いながらも知的な印象がとても魅力的でした。収録では「幼いながらも天才」という印象と演技を大事に演(や)らせて頂きました。代表作 「世界征服 ~謀略のズヴィズダー~」星宮ケイト「七つの大罪」ホーク 「ログ・ホライズン」セララ
バロック・バンジークス 役 津田 健次郎 Q1.収録を終えた感想をお願いします。非常に丁寧に場面のやり取りやディレクションをして頂きましたので、とても楽しく収録させて頂きました。Q2.ご自身のキャラクターについてどのような印象をお持ちですか?また、演じる上で意識した点などあればお聞かせください。感情を表に出さず、熱を出さないキャラクターだと感じましたので、「熱をなるべく抜く」といいますか‥‥しかし、法廷での議論などアツい展開などはありますので冷静ながらも、熱を入れるという繊細なバランスを心がけましたね。代表作「GANGSTA」ニコラス・ブラウン「テニスの王子様」乾貞治「TIGER & BUNNY」ファイヤーエンブレム/ネイサン・シーモア
亜双義 一真 役 中村 悠一 Q1.収録を終えた感想をお願いします。収録した物量としては多くはないのですが、すごく内容の濃い、集中した時間を過ごさせて頂きました。Q2.ご自身のキャラクターについてどのような印象をお持ちですか?また、演じる上で意識した点などあればお聞かせください。龍ノ介の芯の強さとは違った芯の強さがあるキャラクターだと感じました。本作の舞台である19世紀末のアツさ(芯の強さ)は今の時代のアツさ(芯の強さ)とは違うと思いますので、そういった部分を考えて演じさせて頂きました。表作 「魔法科高校の劣等生」司波達也 「マクロスF」早乙女アルト 「月刊少女野崎くん」野崎梅太郎 「氷菓」折木奉太郎
語り手 菅生隆之 Q.「語り手」を演じる上で意識した点などあればお聞かせください。思ったより大変な作業でしたね(笑)抑揚の付け方とか、そういったものは難しいですね。気持ちが入りすぎてもあざとくなってしまいますし、すーっと流し過ぎても作品が盛り上がってこない。その兼ね合いというか、演技のバランス感をどう出すかは、難しい作業でしたが、演じる楽しみでもありました。代表作「宇宙戦艦ヤマト2199」沖田十三「機動戦士ガンダムUC」カーディアス・ビスト「アルスラーン戦記」アンドラゴラス三世トミー・リー・ジョーンズ他、吹替え多数
声優の皆様ありがとうございました! インタビューの続きは逆転通信の会員限定で公開!おまけボイスも聞けるので、さっそく会員登録しよう!
TOPへ戻る