SUPER STREET FIGHER IV|公式ブログ

開発ブログ Developer Blog

第10回:コーディーについて

更新日時:2009年12月08日

皆さん、ご無沙汰しております!!
塚本です。


先週に引き続き、今週も追加キャラクターについて語って行きたいと思います。
今回はコーディーについて、おなじみ岡田、玉村と共に、コーディーが選ばれた時などの
開発秘話を話していきたいと思います。


―まずコーディーが入った経緯についてお願いします

岡田:

ガイと同じで、海外でもすごく人気が高いと聞いていて、
実はコーディーも追加キャラクターの候補としては真っ先に上がったキャラクターの1体でした。
ただ、最初僕らが追加したいと思っていたのはファイナルファイトのコーディーだったんですが、
海外で人気があるのはZERO3のコーディーだったんです。
理由を聞くと、「こっち(海外)ではダークヒーロー的なキャラクターに人気があるから
コーディーは好かれてるんだ」と。
それで「ぜひあのZERO3のコーディーを出してくれ!」ということだったので、
今回ZERO3のコーディーに決まりました。

―なるほど… でもファイナルファイトのコーディーにも久しぶりに会いたかった気はしますね


岡田:
まあファイナルファイトのコーディーは格闘ゲームでの元が全く無いので、
ユーザーの皆さんの印象とは全然違うキャラになっていたかもしれないですね。
「これはコーディーじゃない!」って思われていたかもしれません。
そういった意味でも、今回はZERO3ベースでよかったと思います。ガイもZEROベースですしね。

塚本:
そうだよね。あの、気ダルそうな表情で手錠に囚人服は忘れられないインパクトがあって、
とっても好きでしたね。
それでも「コーディー」という名前を聞くと、頭に残っているのは、
ファイナルファイト時代のTシャツにジーンズの印象が強いかなぁ。

―コーディーはかなり特殊な技を持つキャラですが、
開発側としてはZERO3のコーディーを入れるに当たって、ためらいなどはありましたか?


岡田:
ありましたね。
それはもう担当者の玉村が一番苦労したところだと思いますけれども。

玉村:
まず、ナイフを本当にやるのかっていうところですね。
やるのは大変だけど、やらなかったらコーディーじゃなくなるし…っていう葛藤が大きかったです。

岡田:
コーディーはファイナルファイトから引き継いでいる「ナイフの使い手」っていう設定が
ずっと生きていて、ZERO3の時もナイフ拾って使ってたんですよね。
コーディーにとってのナイフは、バルログにとっての爪と仮面みたいなものなんで、
無いとダメだろう、と。

それははっきりしてたんですが、そもそも物を拾って使うっていうのが
ストIVには無かったシステムなので、エンジニアと「本当にできるのか?」って
何度も話し合いました。
「技の始まりでポケットからナイフを出せば?」とか、色々代案も出ましたよ。
ポケットからナイフが無限に湧いてくるみたいな、普通の技でいいんじゃないかみたいな。

―「ナイフを拾う」部分を省いて、「ナイフを使う」部分だけ残すような感じですね

 

Cody_01.jpg


岡田:
そうですね。
でもそれだと、ナイフに対する互いの位置取りとか、
ZERO3のコーディーが持っていた戦略性が無くなってしまうんですよ。
コーディーの得意技っていう設定がある以上、ナイフはある程度強くないといけないんですけど、
いくらでもナイフを出せるとそこに歯止めが利かなくなってしまう。
だから結局ナイフを拾う要素も全部再現することになりました。

―それはZERO3からのファンには嬉しいですね!
では、今回のナイフもかなり強力な技なのでしょうか?


岡田:
はい。基本は拾ったら強くなりますよ。
強くなる代わり拾い難いし、相手は拾わせたくないので邪魔してくる、
という状況がナイフの面白さだと思うので、その辺は気を配っています。

玉村:
ナイフはガードされても削りダメージがあるんで、拾った後のプレッシャーはすごいと思いますよ。
ただ良いことばかりではなくて、一部使用できない必殺技があったりはするんですけどね。

塚本:
あとダメージを受けたら、すぐに手放しちゃうしね(笑)。

玉村:
そうですね。
そういった意味でも、ナイフを拾う前とは異なる、ナイフを持った後の緊張感があると思います。

―たしかにナイフは強力そうですね その他に苦労されたところはありますか?


玉村:
コーディーには専用の受身というか、ダウンからの反撃技があるんです。

塚本:
バッドスプレーだね。
あれも、他のキャラにはないシステムだよね。

玉村:
とにかく何をするにも、専用対応が絶えないキャラクターです(笑)。

―ナイフと手錠のお話を聞けたところで、
そろそろ今回のコーディーの性能について教えてください


 

Cody_02.jpg


岡田:
ZERO3のコーディーはかなりオリコンの恩恵を受けていたキャラだったので、
「オリコンキャラ」的な感じに言われてたんですよ。
ただオリコンってある程度やることのパターンは決まってるんですけど、
操作も使いどころも難易度が高いんですね。
オリコン重視型だったコーディーは玄人寄りのキャラで、
楽しむためにはプレイヤースキルがある程度高い必要があったと思うんです。
だから、スパIVでコーディーらしい楽しさをそのまま表現するのは結構難しいだろうなと
思ってました。

まずストIVにはオリコンがありませんからね。

―ということは、必然的にスパIVでは戦い方はかなり変わるのでしょうか

玉村:
多分ZERO3の頃とは、違いますね、大きく。
必殺技なんかはZERO3では結構繋がりにくかったんですけれども、
今回は繋がるようになってたりします。

―昔よりは玄人向け度が下がっている感じですか?


岡田:
他のキャラにできることはある程度できるようになってます。
でもリュウほど万人向きじゃないですし、扱いやすくはないかな。
「昔扱いが難しかったから、今回は簡単にしよう」じゃなくて、
あのストイックな遊びの中にある面白さをどう昇華しよう、
っていうのが現場で悩んでたところなんで。

玉村:
器用貧乏なところもありますね、コーディーは。
投げ技が強いとかラッシュが入るとか、一芸に秀でたキャラっているじゃないですか。
コーディーはそういうキャラじゃなくて、何がメインなのかを際立たせるのではなと思っています。
満遍なく技を持ってるんだけど、「これだけ振ってればいい」っていう技は無いですからね。

岡田:
そういう意味では今も玄人向けですね。
今回はちょっと間口を広げたんで、初めて触る人でも最初の内は楽しく遊べると思うんですけど、
他のキャラに比べて壁にぶつかりやすいところはあると思います。

―コーディーに似た戦い方のキャラはいますか?

岡田:
うーん、シーンごとに変わりますね。
近接戦ではベガみたいな固めていくような戦い方で、遠距離だと飛び道具持ってるんで、
リュウの波動拳みたいな使い方もできますし。

玉村:
ナイフを持った瞬間リーチが長くなって、
バルログみたいにちょっと離れた場所からチクチク…みたいなこともできます。

岡田:
スタイルが状況によって変わり続ける点が、ある意味コーディーの特徴ですね。
いろんなパーツを持っててそれを組み合わせて闘うみたいな…。

―ということは、複数キャラを使えるような器用な人がコーディーに向いていそうですね


岡田:
そうですね。
「いろんなキャラを使いたい」って思っていて、
状況に合わせてどんどん戦法を変えていくのが楽しいっていう人には、
コーディーは面白いと思います。
逆にそうでない人には、理解するのが難しいキャラとも言えます。

塚本:
その技の性質を理解していけば、
プレイヤーごとに違う戦い方が見られる変幻自在のキャラクターだね。

岡田:
使ってる人がそれぞれに面白味を見出して使うキャラになると思いますよ。

塚本:
上手い人の戦い見てみたいね。
今からリプレイチャンネルが楽しみ!

―スパIVで増えた技、無くなった技はありますか?

玉村:
無くなった技は無いです。
モーションは全体に増えてますね。
昔のコーディーって遠近でモーションの区別がなかったり、
ナイフ攻撃の見た目が一緒だったりしてたんですけど、
全部デザイナーに無理言って別にしてもらったんで。

塚本:
コーディーもそうですが、今回ZEROシリーズのキャラクター達は妥協せず、
気合をガンガン入れて作ってもらいましたよね!
出来上がってきたキャラクターの動きを見たときは、
従来からのストIVキャラクター達にも違和感無く絡んでくれたので、
これならユーザーの皆さんにも喜んでもらえる!と思いましたね。

玉村:
PSP(R)で発売されている「ストリートファイターZERO3↑↑(ダブルアッパー)」っていう
タイトルがあるんですが、そのタイトルも参考にしていたらコーディーに技が追加されてたんで、「よーし、じゃあこれも入れとけ!」みたいな感じで、技も増えました(笑)。
あとゾンクナックルっていう完全な新技もひとつあります。
タメ押しで出す、ターンパンチと同じ種類の技ですね。

岡田:
今回コーディーは「殴る」っていうイメージが強くて、通常の手技が結構有効なんです。
対空するときは中パンチ、けん制する時は強パンチ、キャンセルかけるなら弱パンチが
あるんですけど、今玉村が言ったゾンクナックルは、
そのパンチボタンのひとつをずっと押しておかないと出せないので、
どれか1個ボタンを潰しちゃうんですよね。
だから対空をあきらめるとか、けん制をあきらめるとかっていう風にしないと技が出せない分、
結構リスクはある。
その分見返りもあるって技なんで、そういう意味では面白い技だと思いますよ。

 

Cody_03.jpg


玉村:
あと、いくつか入れたくても入れられなかった技もありました。
ZERO3のコーディーって、ISMによってはガードじゃなくて避けるんですよ。
上半身を仰け反らせてヒラッと。
それでカウンターとかも入れたかったんですけど…。

岡田:
実験で作ってみたんですけど、「これは強すぎる」って事になってしまったのでやめたんです。
やめた筈だったんですけど調整当初はCPUに残っちゃってて、
リュウが飛び込み攻撃をガードさせたあと、アッパー波動拳!みたいな連携をした際に、
その波動拳をCPUのコーディーがすっと避けたんです。
しかも避けたあとにパンチが入っちゃう、みたいな。これじゃ別のゲームだよ!って(笑)。
あれは強すぎました…。

塚本:
スパIVのシステムには合わないからすぐ削除はしたけど、
「格好いいから残しておきたい」みたいな声もあって、嬉しい半分悔しい半分だったよね。

―実装時に悩んだ点などはありますか?

玉村:
先ほどお話した性能の面でも大変でしたが、やっぱり手錠の鎖とナイフが一番大変でした。
コーディーだけかなり特殊な処理をしている部分がありますね。

岡田:
他のキャラにも特殊処理はあるんですけど、コーディーはそれが顕著だったので、
何か問題が起きるたびに担当スタッフ全員で取り組んでいました。
エンジニアが新しいシステム作って、企画は遊び方を修正して、
デザイナーは絵的な部分に調整を入れるって感じで。
今までの延長線上で作ることのできないキャラだったので、
そういう意味では一番手間のかかったキャラクターかもしれないです。

玉村:
そういえばコーディー VS コーディーで同時にナイフを拾おうとしたときに、
ナイフは1本しかないのに2人ともナイフを持ってるポーズになってしまってたこともありましたね。
ナイフを取ってない方のコーディーも、手の中空なのにシャキーンって構えちゃって。

塚本:
エアナイフだ!(笑)

玉村:
それはそれで意地張ってるみたいで面白かったんですけど(笑)。
結局拾えなかった方は表情を変えたりして、
拾えなかったことがわかるように対処を入れたりしました。

塚本:
「あ!しまった!」っていうサプライズな顔が出てるよね、拾えなかったとき。


Cody_04.jpg


―現在の製作状況を教えてください


岡田:
大体遊び方も固まってきたので、あとは調整していこうっていうところですね。
絵的な部分も、大きな問題は解消されてきてるので、本当に手間がかかったけど、
やっと終わりが見えてきたっていう感じです。

―コーディーを楽しみにしている人へのメッセージをどうぞ


玉村:
コーディーにはナイフだけじゃなくて、
他にもスパナとか鉄パイプとかっていうファイナルファイトっぽいアクションが入ってるので、
その辺を見てもらいたいなあと思います。
それとコーディーの攻撃モーションの多さはストIVで一、二を争う量なので、
ユーザーの皆さんにはどれだけそれらを使いこなすか、
っていうところを工夫してもらえたらなあ、と。

岡田:
プレイスタイルはユーザーの皆さんが作るものなので
最終的に戦い方がある程度固まってくることはあるかもしれないですけど、
工夫次第でいろんな遊びができるっていう点が、コーディーの魅力だと思います。
普通のキャラはひとつ戦法を覚えると、それで結構やっていけるんです。
あとは精度を磨いていく感じで。
でもコーディーはまずはひとつで戦うんですけど、それでダメなときに他の戦い方を選べる。
で、新しい戦い方をいくつも覚えて、それを組み合わせて強くなっていく。
レベルアップしていく感覚があって面白いので、そこを楽しんでもらいたいですね。

塚本:
レベルアップしたい~!

岡田:
できますよ。練習はいっぱいしなきゃいけないですけど。

塚本:
よっし。マイキャラ決定!コーディー使おう!



…練習しなきゃ。
さて、みなさんいかがでしたでしょうか。
まだまだ話をしたいことが沢山ありますが、今回はこの辺で。

来週は皆さんも気になっているアドンです!
彼はいいですよー。動きもいいですが、声も良い!!

それでは皆さんまた来週!
 

コメント

  • コーディー大好き!

    次回作でも出て欲しいなあ。

    投稿者 : ファン | 2012年12月30日

  • コーディ愛用しています。実に素晴らしい調整で毎日楽しんでます。ゾンクナックルは最高の必殺技です。最初指がやばかったですが使いこなせるようになって凄く楽しいです。これ無しでSF4のシステムで遊んだら・・・考えただけで弱キャラでした。システムの事考えて技追加してくれたんですね。本当に感謝。

    投稿者 : フナムシ | 2010年05月09日

  • ファイナルファイトのコーディーも惜しかったですねーコスチュームだけでも・・・(チラッ
    でもZERO3のコーディーの方で個人的には良かったです、ZEROでもう何か行くとこまで行ってしまったみたいな感じがあったし
    技が増えるのはかなり期待!
    パンチハメとか見てみたかった・・・

    投稿者 : 123 | 2010年01月10日

  • コーディーの「退屈なる脱獄囚」の「なる」って
    「親愛なる~」とか「遥かなる~」
    「華麗なる~」とかの「なる」ですか?

    だとすると
    「退屈なる~」って普通は言わないですよね。
    ちょ~っとださくないですかね?まぁいまさらですかね。

    投稿者 : ななこる | 2010年01月05日

  • コーディー顔関係で無表情なのを
    できれば無表情ではなく、苦悩や考え込む表情という
    感じにして
    そろそろ喧嘩馬鹿だけの奴からの脱皮をお願いします。
    zero3では無条件でファイトを楽しんでいる
    コーディー設定ですが
    4ではこのままファイトを楽しむだけで
    良いのかと疑問を生じさせながらコーディーが成長している
    ひとつ上の大人を目指すコーディーを希望します!
    闘いながら考える野郎!
    つまりコーディーのちょっとしたリュウ化をお願いします!
    (´_ゝ`)

    投稿者 : とらさん | 2009年12月17日

  • そう言えばガイとコーディーのBGMは二人分に分けられてあるのでしょうか?

    投稿者 : ? | 2009年12月16日

  • キャラクターの追加もよろしいのですが、やっぱり何と言っても空中ガードが出来ないのが辛いっス!!

    投稿者 : ZERO | 2009年12月11日

  • 動画とかでZERO3のコーディーを見るとオリコンからの永久コンボを決める気の抜けない恐ろしいキャラだと感じていました。


    今回のコーディーはどんなキャラになるのか楽しみです。開発の皆さん、頑張ってください!

    投稿者 : 猫愛好家 | 2009年12月11日

  • コーディ参戦とてもうれしいです。
    ナイフの仕様なのですが、攻撃を一発受けただけで外れてしまうのでは
    結局ZERO3の様に使う人がいなくなると思います。


    折角のナイフアクションを楽しみたいので、攻撃を5発受けたらorダウンしたら外れるという様な
    仕様は如何でしょうか。または1ゲージを使って拾うと外れるまでの耐久値が上がるとか。
    どうしても1発で外れてしまうのであれば、それに見合った性能にして頂きたいと思います。


    あとウルコンのボダン同時押し数は既に3つと決まっているようですが、(現時点で)今作は家庭用のみ
    という事なので、標準コントローラでも操作出来る様な調整を考えて頂けないでしょうか。


    つまりパッドだと3ボタン同時押しは本当に押し辛く、かなりのストレスになるのです。
    (2つまでなら押せるのですが…)
    ZEROシリーズのスパコンLv選択が同時押しからボタンの種類に変更ように
    ウルコンもこういった御配慮を頂けると大変うれしく思います。

    自分勝手な我儘で大変恐縮なのですが、今一度御再考頂けませんでしょうか。

    調整とても大変だと思いますが、無事開発が終わるよう祈っております。

    投稿者 : ミツアキ | 2009年12月11日

  • いやらしい意味ではなくて、
    上のコメントでも指摘のあったように、
    なんというかその、下腹部のデザインが・・・
    ちょっと去勢されてるような見た目ですね。
    生々しく肉感的なデッサンもスト4の魅力だと思うので、
    下品でない程度に人間味を維持して欲しいです。

    投稿者 : アーッ! | 2009年12月11日

  • 開発チームの皆さん、いつもお話有難う御座います。
    なにか新しい戦い方が出来そうで、コーディー非常に楽しみです!開発頑張って下さい。
    あと、書き込んでる皆さんのコメントも面白いです。タメになります。
    heapさんのリプレイに関する意見に私も賛同致します。

    投稿者 : ふぁいぶすたー | 2009年12月11日

  • ナッキーさん、いつも更新楽しみにしてます!

    早速ですが、本題です。
    めでたく参戦決定されましたコーディですが、やはり表情の少なさが気になりました。他の方も述べておられるように、私も、コーディは喧嘩をしている際の無邪気な表情に大きな魅力があるのだと考えています。
    新キャラであるジュリは相手を破壊することに悦楽を感じ表情を狂気の笑みに歪め、対してコーディは喧嘩そのものに楽しみを感じ、まるで子どものような純粋な笑みを浮かべるのではないでしょうか。
    同じ笑みでも方向性はまったく違います。この違いを是非ともSSF4で再現して頂きたいです。

    また、追加キャラについてなのですが、男性陣からはヒューゴー、そして何と言っても、華やかな女性陣からの参戦を強く希望します。特にまことの参戦には大きな期待を抱いてます。大幅な弱体化があってとしても構いません。是非お願いします。

    これからも頑張ってください!
    では、失礼いたします...。

    投稿者 : かりあ | 2009年12月10日

  • コーディーと関係ないですけど、PC版絶対出してくださいね!!!

    あと、今の家庭用のBPシステムは負けたときの下がるポイントが多すぎる気がします。何日もかけて上がったポイントがちょっと格下のひとに何回か負けただけでごっそり持っていかれて悲しすぎます・・・・

    投稿者 : kuro | 2009年12月10日

  • コーディーもいいですが、元をZERO3仕様のチェーンコンボで攻めるスタイルに戻してください
    目押しでスローに攻めるのなんて元じゃない・・
    元特有のテクニカルさを、緩急付けられる自由度をまたお願いします

    投稿者 : 李 | 2009年12月10日

  • 自分はコーディーをメインキャラで使っていたのでコーディーが参戦すると知ったときはとても嬉しかったです。カプコンありがとう!そこで思ったんですが、ストリートファイター3からもキャラクターを参戦させたらどうでしょうか?個人的にリュウvsアレックスの新旧主人公対決やバイソンvsダッドリーのボクサー対決などをしてみたいです。あと、コーディーやガイが出てるのでせっかくですからファイナルファイトのマッドギアの幹部だった敵キャラのソドム、ロレントも参戦してもらいたいです。それでは完成に向けてこれからも頑張ってくださいね!期待しています!

    投稿者 : マカロニグラタン | 2009年12月10日

  • 背景のエフェクトを多少削ってでも隠しキャラ(あるのか?)含め各キャラ専用のステージ希望!!
    前作ではステージが少なすぎたよ。

    投稿者 : hiromatsu | 2009年12月10日

  • 避け技は強くてもEX専用とかでは駄目でしょうか?
    ゲージの使い方も考えるキャラだといいなと思いました。

    ゲージは貯まりにくいキャラと貯まりやすいキャラはっきり出て良いと思うんです!サガットリュウゴウキとかは貯まりにくく、本田ブラバルフォルテダルシムなんかは貯まりやすくても良いような??
    あと空中竜巻の軌道はケンは良いけど、ゴウキリュウは逃げには使えないようにした方が荒れなくていいんじゃないかと思います。あの弾性能でどんどん下がられ逃げられると上級者はともかく始めたばかりプレイヤーはスパ4から逃げます!

    投稿者 : 避け | 2009年12月10日

  • コーディはダークというかダーティな感じが好きです。
    FF好き的には囚人服は滑稽な感じがするけど(狙い通り?)、使って楽しいキャラを期待してます。

    ●キャラ調整について
    スト4にはスト4の駆け引きがあるので、現状の部分をある程度は残して欲しい気もしますが、かつてスト2ダッシュ、ターボ、スパ2の頃のキャラ性能の変化も新鮮で面白かった思い出があるので、従来キャラの改善修正にも期待したいところです。

    他の方もいっているようにザンギはかつての投げメインのキャラに戻してほしいですね。現状のままでは投げキャラ不在といっても過言でないかと思います。
    当方SSF2Xまでザンギを使っていたけど残念ながらSF4でザンギを去りました(もっともそのおかげでダルシムに目覚めるわけですが)。
    かつての熱いザンギ、カムバック!

    ●アレンジコスチュームについて
    DLCのアレンジコスチュームは小出しパック先行配信ではなく、最初からALLパックをお願いします。私服シリーズ、破れシリーズ、など第3弾くらいまで出してください。まんまと買いますので。水着シリーズとかアホみたいなのも見たいです。

    本当に発売が楽しみです。

    投稿者 : にぱれれ | 2009年12月10日

  • まさかスパナに鉄パイプとは・・・
    これで落ちてる肉食べたりしたら完璧ですね(笑

    そういえば、例のハメ技は再現されるのでしょうか?

    投稿者 : グラビア | 2009年12月10日

  • ZERO3でXコーディ使いだった者としては、
    ファイナルディストラクションが気になってしょうがないです
    X仕様のはいろんな意味で無茶っぽいですが

    投稿者 : O2hey | 2009年12月09日

  • コーディというとファイナルファイトでの振り向きハメをモチーフにした趙必殺技を思い出しますね、
    彼のスパコンがどうなるか今から楽しみです。

    投稿者 : The匿名 | 2009年12月09日

  • 打撃音は、もう・・変わりませんよね・・?
    コーディ・・・囚人服なんですね・・。

    色々なしがらみがあるかもしれませんが
    負けないで下さい!!

    みんな応援してます!! 

    投稿者 : ひろぽん | 2009年12月09日

  • コーディーは囚人設定というのが映画「暴力脱獄」のルークや「オー・ブラザー!」を彷彿とさせて面白いテーマですよね。
    まるで現代を舞台とした風刺劇のような皮肉が散りばめられていて、ZERO3やファイナルファイトONEのセリフにもそれが垣間見えます。
    かつて荒廃した街を救った英雄も、平和な街の中では目立つ危険分子としてマークされる。
    暴れん坊な自分なんかよりもずっと悪い人間は世の中にたくさんいるのに。そもそも人は皆罪深い。
    とても普通には生きられない不器用な性格だが根は善人なやんちゃ坊主、コーディーは
    権力や有名税などによる不条理な世相を反映して、あえてそれらを背負って生きている象徴のように見えます。
    ある意味何かを悟った、もう若くない知的な仙人のような印象。
    ガイやナッシュのように露骨にストレートな正義を追求するタイプではなく、一歩下がって厭世的になりながらも、それでもやっぱり悪を見過ごせないスタンスが非常に良いです。
    服役を終えた後のコーディーも見てみたいですが、おそらくそんなに単純なものにはならないのでしょうね。
    さて、元気で華やかだった80年代の最後を象徴するヒーローの目には、現在のアメリカはどう映るのでしょうか。そこら辺の人物描写にも期待してます。

    それとアレンジコスチュームについてですが、
    多分スタッフの方々の思っている以上に世界で半ば伝説と化したアーケードの傑作、初代ファイナルファイトの例のTシャツとジーンズ姿のシンプルな服装ももちろん欲しいですが、
    「ストリートオブファイヤー」の主人公が着ていた、セルジオ・レオーネ監督の西部劇に出てくるような薄茶のロング・ダスターコートなんかも良いと思います。
    きっとカプコン流のコーディーを作ったあきまん氏も喜んでくれると思いますよ!

    投稿者 : What we've got here is a failure to communicate | 2009年12月09日

  • Suto wa sugoi desu ^^. Je suis désolé je ne parle pas japonais. Je suis impatient de découvrir la suite de SFIV, malheureusement je ne comprends pas votre article XD. En tout cas, j'adooore le JAPON et sa culture ! Bravo Capcom !

    投稿者 : Adorien | 2009年12月09日

  • コーディーはヒーローなのに囚人服なんてイヤ、という方々の気持ちもよくわかりますが、Tシャツにジーンズでは、いつも胴着を着て気合い入ってる人達や、極寒の地でもパンツ一丁でがんばっちゃう人達の中に混じっていくのはちょっと…とは思うのですが。下手すると背景の人物より地味な服装ですし。
    でも、コーディーのストーリーでは旧知のガイと共に、S.I.N.やシャドルーと戦うヒーローであって欲しいです。海外のダークヒーローだってそう言うキャラ多いですし。
    あとジェシカ。戦いに明け暮れ恋人を手放したなんて、既婚キャラ達、特にケンあたりに怒られそうですね。恋人のいるルーファスは…、お約束の勘違いで「ケン・マスターズ…お前何で捕まってんの!?」とかでしょうか?
    キャラの設計思想のプレイヤーのレベル次第で色々な戦い方が出来る、っていうのも魅力的です。

    投稿者 : 攫 | 2009年12月09日

  • ダークヒーローのコーディー僕も大好きです。
    不器用でどこか翳があって、ワルだけどなぜか憎めないコーディーは、他のストリートファイターにはない魅力がありますね。
    性能的にも画面端に追い詰めてからのラッシュが強烈で、使っててものすごく楽しかった印象があります。スパⅣでもその強いところはぜひ残しておいて下さいね。ナイフ技や新技も楽しみにしています。


    ところでZEROからの新キャラはこの三人で終わりですか?
    できれば神月かりんを参戦させて下さい。スパⅣでのさくらとの戦いが見てみたいです。

    投稿者 : takashi | 2009年12月09日

  • ハッハー ハッハー
    ZERO3でメインキャラだったので本当にうれしいです。
    代名詞とも言える高速パンチハメは是非実装して欲しいですが、
    とりあえずスパナと鉄パイプで暴れるのが楽しみ!
    ジェシカとは復縁するんでしょうかね・・・

    投稿者 : メリ堅 | 2009年12月08日

  • コーディー楽しみすぎます!!!

    FFファンとしてアドンじゃなくてロレントがよかったです。

    投稿者 : まこと参戦 | 2009年12月08日

  • 今週もお疲れ様です!バルログは悪…でも、なんだかんだ
    いっても今はコーディーも囚人ですからね。武器に関して
    言えばストⅢやストⅠの忍者も投げてたような…ZERO
    だとロレントのおかげでナイフが可愛く見えます。ロレント
    は色々ぶっ飛んでましたね。最近、ルーファスがジャンプしてる
    のを見てると黄色いボールがバウンドしてるように見えてきま
    した。それと、このあいだ友人に見せてもらった本のなかで
    当時の開発者の方がプレイヤーの質問に答えていて…Q、さくら
    は世界中を回ってるのにずっと制服ですよね?着替えてないん
    ですか?っていう質問に対してA、あれはさくらにとっての
    正装であり相手に敬意を示すという意味でも着ています。
    ちなみに服はちゃんと持ってますよ。とのことです。来週は
    いよいよアドンですね!生まれて初めて使った格ゲーキャラは
    ブランカなんですが格ゲーに自分を引き込んだのはアドンって
    ぐらい当時をふりかえると練習してました。ZERO2をはじ
    めるきっかけもさくら(CM)とアドンです。来週も楽しみに
    してます!来週は濃く語りたい!


    投稿者 : おつかれPマン | 2009年12月08日

  • あ、あの・・・そろそろ旧キャラの調整の方の情報も・・・。
     
    新キャラの情報も重要なんですが、旧キャラのできる、できないの調整も気になります。これこれを可能にした、とか、これからこれを繋がるようにした、とか、これができなくなった、とか。
     
    もちろん、発売されてからじゃないと分からないことも多いですが、調整の場合によってはメインキャラを変えるようなことになりかねませんから、ある程度の情報は欲しいところです。

    投稿者 : 03X | 2009年12月08日

  • 『ZERO3』版コーディーが「ダークヒーロー」!?それなら『スーパーストIV』のコーディーは上半身は裸で傷だらけ&下はボロボロのジーンズの姿でも問題ないと思います。

    あとTシャツ版コーディーは3D対戦格闘ゲーム『ファイナルファイトリベンジ』に登場しています。『スーパーストIV』のコーディーのDLCコスチュームは、このゲームの服装にして下さい。

    投稿者 : NISHIMO | 2009年12月08日

  • ZEROのときのアドンのスーパーコンボの声が好きだったな。

    「フゥルルルルル~ カトウ チャ」って言うやつ

    トレーラーを見る限り、再現してないようだけど、これはどういうこと?

    残念すぎるんですけど

    あとトレーラーのコンボ喰らっているサガットが最後にヒザ蹴り喰らっているけど表情が普通過ぎる感じがします。
    普通、あれだけ勢いあるヒザ蹴り喰らったら、下あご(下の歯)が、上あご(上の歯)より出っ張り、あごがしゃくれる様な感じにならないの?
    リアルさに欠けてる様な気がしました。

    投稿者 : カトちゃん ペッ | 2009年12月08日

  • 長かった…小坊のころから待ち続けた…やっとコーディーが使える(血涙)カプコンさん有難う!

    投稿者 : ヤッジマン | 2009年12月08日

  • コーディ―、すんごいマッチョですね。^^;

    カウンターの技…私も欲しかったですぅ。何度も想像してみました、自分で。
    でも、やはりストⅣでは強すぎるのだろうな…と自分も思って、諦めていました。
    んまぁ~仕方ないですが、攻撃力が低くて他の技にも繋がらないとか、
    コーディ―が相手を玩ぶ風な感じの挑発的な技にすれば、入れても大丈夫じゃないかと思いますけどね。
    春麗の「ごめんね!」さくらの挑発に攻撃判定があるみたいな…そんな技にすればね。

    囚人服についてですが、
    開発スタッフの皆さんのお話いを聞いて、
    何だか…心の中にため込んだものがこみ上げてきます。

    囚人服は全く人気無かったと思いますよ。本当に…
    昔は海外サイトのgamefaqsとかmadman cafeとか
    色んなところのネット掲示板を読んでいましたけれど、
    コーディーの囚人服をカッコいいと褒める人はいなかったですよ。
    どちらかというと、かなり批判的な意見が多かった気がします。
    ダークヒーローが人気なのはどこかしらのカッコいい要素があるから人気が出るわけで、
    ダークヒーロー風だから人気があるわけではない…と思います。

    某ゲームの主人公なんかは悪党顔でカッコ良くないおじさんですが、
    ムキムキの肉体、残酷で神も殺せるほどの強さが海外ではかなり人気です。
    豪快さがありますね。
    しかし、囚人服のコーディ―にはそういうものが感じられませんし、
    グラフィックも唯のボディーペイントみたいになって、ファンとしては何だか悲しいです。
    これだったら、いっそ脱いじゃった方がカッコいいかもしれません。

    手錠は良いですよ。カッコいいと思います。
    余裕というか、ハンデというか、相手を馬鹿にしているみたいな感じがすごく良い。
    しかし、囚人服は…どうしても… もう一度言いますが、せっかくのマッチョなので、
    カッコ悪い囚人服中よりいっそ脱いじゃった方が良いと思います。
    とはいっても、やはりコーディ―はファイナルファイトの格好が一番でしょう。

    。゚(。´ノω・`)゚。ウウゥゥ

    ゚ヽ(*゚´Д`゚*)ノ゚。ゥェエエエエェェ .. 悲しい~~~

    投稿者 : こげぱん | 2009年12月08日

  • ふと、ファイナルファイトリベンジを思い出しました!
    コーディーはエンディングで捕まっちゃって、
    あの囚人服を着せられ、壊れ気味?になってるんですよね。
    リベンジ→ZERO3→スパ4って物語が繋がるんでしょうか。

    また、やりたいなぁ

    投稿者 : サイコファイア | 2009年12月08日

  • 毎日、開発お疲れ様です☆
    アレンジコスはFFで決まりですね?☆
    御顔も凛々しくなったりなんかして!?☆

    投稿者 : ☆☆☆ | 2009年12月08日

  • アレコスで是非ファイナルファイトの衣装を出してください!

    投稿者 : とんぬら | 2009年12月08日

  • コーディー モッコリ 足りないよ >_<

    投稿者 : 阿部さん | 2009年12月08日

  • バルログも折角なんで爪無しの時は小P連打が出来て
    判定強いモーションが隙無しの代わりにリーチ短いとかにしてもらえたらいいなぁ。
    あと爪&仮面を置き系飛び道具に出来たらいいのに!

    投稿者 : ええと | 2009年12月08日

  • コーディーはZERO3でマイキャラだったので参戦はとても嬉しいです。
    やはりZEROとはゲームシステムが大きく異なるので、どんな造型になるのかが未知数で、今からワクワクしますね。
    今回はキャラクター別BP等も採用されるということで、比較的気軽に色んなキャラに手を出せるというのも嬉しい限り。
    発売がとても楽しみです。頑張ってください!

    あと、前作をやっていてちょっと気になったんですが、
    トレーニングモードでいちいち設定をいじらなければならないのは少し面倒でしたので、
    スパⅣではトレーニング設定を保存、記憶する仕様にしていただきたいです。
    それと、スパⅣで実装されるという「リプレイチャンネル」の詳しい仕様がまだわからないので何とも言えませんが、
    少なくとも自分の対戦はローカル、オンライン問わず、自分のストレージにリプレイを記憶できるようにしてほしいです。
    保存して後で見返したいような試合が多くあり、前作ではこの点が残念でした。
    どうぞ検討をよろしくお願いします。

    投稿者 : heap | 2009年12月08日

  • ファイナルファイト時代からコーディー使いだったので
    アレンジコスチュームではファイナルファイト衣装を期待してます。
    それと、一言も触れられてませんがファイナルデストラクションは健在ですか?

    投稿者 : Ninger | 2009年12月08日

  • "With so much riding on my fists, this is not my final fight!"
    コーディーはカプコンキャラの中で、そしておそらく私にとってはゲームキャラの中で一番好きなキャラクターです。
    何故かはうまく言えませんが他のキャラのような分かりやすい個性がなかなかハッキリしない、どこかにいそうな等身大の人物だからでしょうか。タクシードライバーのデニーロのような。
    今の世の中あまり良いニュースはなく人の気分も落ち込みがちですが、コーディーが出るなんて嬉しい事は近年ないですよ。マジで!
    生きてて良かった!やっぱ人生こうでなくっちゃ!

    投稿者 : ジェシカの夫 | 2009年12月08日

  • そうなんだよなぁ。。。ZERO3で一番最初に使ったのは
    コーディーでした。でも対戦したら全然勝てなくてCPU戦
    でのみ楽しんだ思い出があります。ZERO3のコーディーは
    ナイフ持っても強いと感じなかったし。ナイフを取るメリット
    がある様になったのは嬉しいですね。

    だからガチ対戦ではリュウとザンギを使い分けて対戦してた。
    相手が飛び道具系ならこっちもリュウで、相手がパワー系なら
    こっちもザンギでって感じで。

    今回もコーディー玄人向けか。。。う~ん。。

    次はアドンか~確かにあの声はイカス!

    投稿者 : こーでー | 2009年12月08日

  • 戦ってる最中は楽しい感じなんですよねCODY

    そのへんはちゃんと再現されてるのか心配・・

    投稿者 : らっこ | 2009年12月08日

  • 間違いない…スパIVは歴代ストリートファイターシリーズの中でも最高傑作の一つとなる!
    コーディーの復活でそれは確信へと変わった。
    ストリートファイター'89、スパIIX、ZERO3、3rdStrike…発売からかなりの時を経った今でも楽しく遊べる珠玉の名作群ですが、
    既にそれらと同等以上のお気に入り作品になることはこのブログからもひしひしと伝わってくる!
    FF当時コーディーに完全に魅入られた者にとっては10年に一度位の嬉しいビッグサプライズです!
    マッスルボマーのオルテガとも共通点がありますが、
    王者の孤独というか一度頂点を極めた英雄が退屈して失踪したり落ちぶれていく心理は、実は結構リアルだったりします。
    そして失ったものはもう取り戻せない…。
    しかしZERO3の頃から腐っても鯛…もといヒーローなので、落ちぶれても決して悪に染まったりはしない、
    シニカルなreluctant heroの要素をしっかり受け継いでくれていて一安心です。

    最後に、コーディーを出してくれて、本当にありがとう!!!
    ナッキーにヨロシク!PC版も出してネ!
    P.S. 「ストリート・オブ・ファイヤー」のマイケル・パレ演じるコーディーもカッコ良すぎですよ!

    投稿者 : トラバース | 2009年12月08日

  • コーディー、すごく面白そうです!!
    ファイナルファイトでもZEROでもない新しいコーディーの闘い方を早く見てみたいです!!


    カプコンさん!
    コーディーにもガイの「武神獄鎖拳」の様なファイナルファイトの時の動きをイメージした通常連携技がぜひとも欲しいです!!
    ファイナルファイトの時の「パンチx2→ボディ→アッパー」の動きをコーディーの通常連携技に加えてください!!
    どうかお願いします!!

    投稿者 : 昔からのコーディーファン | 2009年12月08日

頂いたコメントは確認した後掲載いたします。
また掲載後であっても削除する場合がありますので予めご了承くださいませ。

ソーシャルメディア利用規約
http://www.capcom.co.jp/account/account_reg.html
不具合などのお問い合わせは下記サポートページをご利用下さい。
http://www.capcom.co.jp/support/
 

▲ページトップへ