上杉謙信

越後・上杉軍の総大将。
常に冷静で穏やかな雰囲気に反し、「軍神」として恐れられる戦いの天才。
しかし天下獲りには興味を示さず、日ノ本を治めるべきは足利義輝であるという
立場を取り、好敵手である武田信玄との対決を先延ばしにしている。

全身画像を見る

神域を織り成し、神速で駆ける!上杉謙信のアクション!!
瞬く攻撃で神速の世界を創造せよ!

【軍神と称されし、バサラジェンヌ】

イメージ

上杉謙信は、固有技や固有奥義からさらに別の技へ
続けてヒットさせることで、一定の時間だけ「神域」という状態を
発動させることができる。
「神域」が発動すると世界が凍りつき、敵の動作がスローになり、
その中で唯一素早い行動ができる謙信の独り舞台となる!

固有技

【神斬】しんざん

イメージ

前方に突進しながら繰り出す超高速の居合一閃。
攻撃しながら、一気に敵との間合いを詰められるぞ!

【神陣】しんじん

イメージ

前方の空気を凍らせて氷の刃を作る技。
氷の中に敵兵を閉じ込め、しばらく動きを止めることが可能だ!

固有奥義

【神嵐】しんらん

イメージ

前方に敵兵が凍えるほどの吹雪を発生させてダメージを与える技。
さらに、地面を凍らせて敵を足止めする事もできる。

【神棘】しんきょく

イメージ

氷のバラを形作るような軌跡を残しながら、
高速の抜刀と共に斬りつける技。
タイミング良くボタン入力を成功させ続ければ巨大な氷のバラが
完成し、敵兵を吹き飛ばした後も周囲がスローになる“神域”状態を
継続させられる。

固有奥義では、戦場に氷のバラを咲かせたり、吹雪を発生させるなど、戦場を凍てつかせる謙信の特徴的な攻撃がさらに激しさを増す。

バサラ技

イメージ

超速の抜刀術から繰り出される斬撃。一定の範囲内にいる敵兵は、逃げる暇も与えられず即座に斬り刻まれる。

ストーリー

上杉謙信ストーリー

イメージ

上杉謙信は、その力がありながらも自ら天下を目指す事なく、
足利陣営であることを宣言。足利義輝と対話を重ねつつ、
配下のくノ一「かすが」と共に日ノ本各地を転戦する。

ドラマルートストーリー

イメージ

忠実な足利派として動く謙信だったが、前田慶次を始めとした
前田軍の面々と対話をする中で、次第に天下を目指す事、
そして好敵手である武田信玄との対決について考えるようになる。