Page Top

黒田軍の総大将。
元は豊臣軍の武将であったが、竹中半兵衛と並び「二兵衛」と称される能力の高さと、何よりその野心を危険視されて南の地に追いやられた。
その後もけた外れの不運にもめげず日ノ本全体へ地下通路を張り巡らせ、再び乱世に野望を抱く。

黒田官兵衛は鉄球をひきずるその見た目のとおり、豪快で破壊力十分の技が揃っている。
ただし、移動速度と技の動作が遅い傾向にあるのが玉にキズ。