Page Top

その名を聞いて恐れぬ者はいない、「戦国最強」の二つ名を持つ徳川軍の武将。
豊臣軍の傘下となる以前から徳川家康に仕え、常に主の支えとなってきた。
戦乱の中で再び将として立ち上がった主君のため、決意も新たに槍を振るう。

通常技では機巧槍を使った広範囲な攻撃が可能。
さらに、最大の特徴は「援護形態」「突進形態」「砲撃形態」「飛行形態」といった強力な形態を使い分けたり、
場合によっては同時に用いることが出来る点にある。