Page Top

徳川軍の総大将。人々の絆で太平の世をもたらすため、力による支配を進める豊臣軍を離脱し、自らの旗を掲げる。
人の痛みを知るべく武器を持たずに拳ひとつで戦場に立つが、それもまた、力を振るう事に変わりはないのではないかと自問自答を重ねる。

徳川家康は全体的に技のリーチが短いため、距離を詰めての接近戦が中心となるが、技のボタンを押し続けることで力をタメることができる。