ページトップ
ページトップ
ページダウン
第八話「それは俺がやる事だ」

再びアスラが目覚めたのは、祭壇のような場所。アスラの体は、御神体として村人たちによって安置されていたのだ。

ヤシャの無慈悲な一撃がアスラを両断してから、どれほどの年月が経ったものか、
石化したアスラの骸は辺境の村にひっそりと安置されていた。

そこで祈る少女の眼前でアスラが目を覚ます。

その村に迫る、ゴーマの脅威。そして七星天カルロの軍勢…

時同じくして現れるゴーマの群れ。

ゴーマを迎撃するアスラだったが、七星天カルロの軍勢が現れ、
救いだと告げ、無抵抗の村人ごとゴーマを焼き尽くしていく。

アスラは荒れ狂い、神国兵たちを蹴散らす。

倒された神国兵に、アスラの行いを真似るように
少女が追い打ちをかける。

その姿に驚きつつ、アスラは少女を制し、
カルロの元へと躍りかかった!

物語を「Slideshow(スライドショー)」で見る:「アスラズ ラース」公式フリッカー
アクションを「Slideshow(スライドショー)」で見る:「アスラズ ラース」公式フリッカー
  • 1
  • 2
  • 3