ページトップ
ページトップ
ページダウン
第七話「この子にただ幸せな」

ヤシャの無慈悲な一撃によって両断されたアスラ。アスラの意識は、再びはざまの世界へ。

アスラの意識は再び茫漠とした
はざまの世界へ飛ぶ。

金色の蜘蛛は、アスラに語りかける。
蜘蛛の言葉に導かれるかのように、もう戻らない過去を思い出すアスラ。

その最中、アスラの耳に届いた赤子の泣き声。

だが、その怒りは消えることはない。胸の中の炎に突き動かされるように、ただ光へ―

聞こえるはずのない声に蜘蛛が狼狽する中、
それは次第に大きくなっていく。

それが耐えきれぬほどに高まった時、
アスラは現世で目覚めるのだった。

  • 1
  • 2
  • 3