ページトップ
ページトップ
ページダウン
第十話「さて死合おうぞ」

次に現れたのは、かつて師と仰いでいた男、オーガス。

カルロを倒したものの、大きくダメージを負い、気を失っていたアスラ。

目を覚ますとそこは温泉。
アスラを運び、傷を癒させたのは誰あろう七星天のオーガスであった。

アスラはカルロとの戦いで傷んだ肉体を休めながら、オーガスと昔を語らう。それがほんの一時の休息だとしても。

在りし日について語りだすオーガス。
そして、話が終わった時、二人は立ち上がる。
雌雄を決するために!

物語を「Slideshow(スライドショー)」で見る:「アスラズ ラース」公式フリッカー
  • 1
  • 2