ページトップ
ページトップ
ページダウン
第一話「真なる夜明けは近い」

古き時代ー、かつての話ー、人類の守護者たる八神将

"神国トラストリム"と呼ばれる唯一の巨大国家が文明の中心となり支配する世界――

工業的な近代科学文明と、精神的な宗教文明が融合した様式を持つ神国トラストリムは、
人間を"神人類"と呼ばれる上位階級が支配し、
厳格でありながらも文明的な階級社会を形成していた。

だが、この世界には神人類も手を焼く程の問題が存在していた・・・

大地の穢れから発生するとされ、
神々や人間、文明を本能的に襲う魔物"ゴーマ"。

何の力も持たぬ人間たちは、日々ゴーマの襲撃に脅かされながら
神にすがって辛うじて生き残っている有様だったのだ。

神軍を指揮する8人の神々―アスラたち"八神将"は、
ゴーマの根源たる"ゴーマ・ヴリトラ"と血戦を繰り広げ、
辛くも勝利を収める。

物語を「Slideshow(スライドショー)」で見る:「アスラズ ラース」公式フリッカー
アクションを「Slideshow(スライドショー)」で見る:「アスラズ ラース」公式フリッカー
  • 1
  • 2