• 世界16
  • 物語16
  • 地名4
  • 武器8
  • モンスター4

武器

  • 刀

    片側にしか刃を持たず、「斬る」ことに特化した武器。

    切れ味を増すために、刀身が反ったものが多いが、
    まっすぐな刀身を持つものや、
    七騎士センゴクの持つ厚い刃を持つ重厚な刀など
    刀工たちの試行錯誤により、様々なバリエーションのが鍛えられている。

    名のある刀工の鍛えたの中には、
    伝説や逸話を残す「妖刀」と呼ばれるも存在するらしい。

    斬った人の血を吸う、持ち主を呪い殺す――など、
    真偽は定かではないがそう思われても仕方がないような
    妖しい美しさを秘めたはたしかに存在している。

  • ▲ PAGETOP

    篭手

    腕や手を保護するための防具。
    防御力はに劣るものの、
    刃を通さない強靭な作りとなっており、
    篭手自体を攻撃手段として組み込み、
    より攻撃的な戦法をとる戦士もいる。

  • ▲ PAGETOP

    銃

    北方の戦場から発掘され、武器商ゼブリラ家が
    レプリカを作ったことから広まった、古代の火器。

    ニビ鉄をもちいた弾丸を発射し、相手を殺傷するために用いるものであるが、
    火力に乏しく、また照準も正確でないことから、いまひとつ人気がない。
    主に音による足止めや脅しに使われている。

    一部の戦士は古代武器を正しく復元精製した、純正銃を所有している。
    その威力は一撃必殺らしいが、高価なものであり、
    また使用に正しい訓練を必要とするため、あまり目にする事がない。

  • ▲ PAGETOP

    大剣

    肉厚な両刃の刀身を持つ、巨大な剣。

    その大きさは柄と刃をあわせれば成人男性の身の丈ほどあり、
    大剣自体の重量はとてつもなく重い。

    だが、その重さと、
    剣を振るった際に生まれる慣性を利用することで
    重厚な剣から繰り出されているとは思えぬほどに
    鋭く重い斬撃が相対する者を「叩き斬る」。

    大剣を扱うためには、
    剣の大きさと重さに自分が振り回されない身体能力や筋力が必要とされるため
    大剣を使いこなす、それ自体がその戦士の「強さ」を証明している。

  • ▲ PAGETOP

    盾

    斬撃や、打撃による攻撃から身を守る防具。
    鋼鉄や金属など、刃を通さない頑強な素材が使用されている。

    利き腕とは逆の腕に装着することで、
    防御を重視した戦闘スタイルをとることができる。
    大剣ハンマーなど、
    強烈な一撃を繰り出してくる武器の使い手との戦いや、
    相手の戦法を見極めたいときなどは、
    を装備した守備重視の慎重な戦い方も有効な手段だ。

  • ▲ PAGETOP

    二刀流

    片手に長剣、もう片手にわずかに短い準剣をもち、同時に奮う剣術。

    古代王国でもっとも剣術にたけていた、
    ゲブシール家の秘伝の書から受け継がれた古流剣術。
    時の剣聖であったサルバトーレ王がその技を継ぎ王宮騎士たちに広めたのが現在の二刀流の始まりとされている。

    その後、サルバトーレは英雄を輩出することができずに没落し、
    二刀流の直系技術は失伝したと思われていた。

    昨今、バザルタの門をくぐった一人の少女が、
    その名残りをもつ剣術を使うと噂になっている。
    軽やかに舞うようなその二剣捌きは「浮華」とよばれる、美しい剣術であるらしい。

  • ▲ PAGETOP

    ハンマー

    打撃を行う柄頭と柄を組みあわせた、打撃用武器。
    大工たちが使う「道具」としてのハンマーも存在するが
    ここでは柄頭と柄をあわせると
    1.5メートルはある「武器」としてのハンマーについて記していく。

    戦士たちが扱う武器は剣や槍、など多岐に渡るが
    最重量、最大威力を誇る武器――といえばハンマーで間違いない。

    ハンマーによる戦いは大剣と同じように、柄を持って振り、
    そこから生まれる慣性を利用し相手を叩きつける、というもので、
    持ち上げるだけでも困難な武器だ。
    ただ、ハンマーを愛用の武器とするランキング8位の猛者・タイロンの場合、
    片手でハンマーを構え、戦いの際にも軽々とハンマーを振る場面を見ることができるが、
    それは彼が規格外な戦士であるだけである。

  • ▲ PAGETOP

    弓

    半円上に曲がった本体の両端から弦(つる)を張り、
    弾力を利用し矢を飛ばす武器。

    狩猟用の道具から発展を遂げていったは、
    今では本体に使用する素材を木材だけではなく、鉄材を使用したりと
    強度と飛距離を生む工夫が加えられている。

    敵の間合いに入ることなく攻撃できることが最大の利点だが、
    逆に接近を許せば自らが不利となってしまうため、
    射手であれば敵との距離を常に意識しなければならない。

    を武器とする七騎士・ロザは、
    射程距離、命中精度、連射速度ともに他者の追随を許さず、
    最高の射手としてその名をはせている。

▲ PAGETOP

ラストランカー 製品情報
イーカプコンで購入する

  • 対応ハード
    プレイステーション・ポータブル
  • ジャンル
    RPG
  • 発売日
    好評発売中!(2010年7月15日発売)
  • 価格
    2,000円+税
  • プレイ人数
    1人
  • 開発
    イメージエポック/カプコン
  • 備考
    メディアインストール対応

CEROレーティング:B(12才以上対象)

×CLOSE