• 神谷浩史
  • 中村悠一
  • 井上麻奈
  • 羽多野渉
  • 安元洋貴
  • 関智一
  • 斎賀みつき
  • 遠藤綾
  • 銀河万丈
  • 三石琴乃
  • 小山力也
  • 豊口めぐみ
  • 福山潤
  • 千葉進歩
  • KENN
  • 柿原徹也
  • 名塚佳織

ジグ役 神谷浩史さん

神谷浩史さん
収録を終えた感想、キャラについて

ゲームは一人で収録するため、苦手意識を持っていたのですが
スタッフの方と非常に丁寧に一つ一つを相談しながら収録できたので
苦手意識を感じることなくできて一安心でした。
一言一言丁寧に演じさせて頂きました。

ジグは一見ぶっきらぼうでクールな人に見えるのですが
熱いものを秘めていてとても人間味に溢れるキャラクターです。
ただ、不器用な生き方をしているところをうまく表現できているかな、
と思いながら演じました。

ファンへメッセージ

非常に熱のこもった作品です。
一番最初の収録の時だったのですが、この作品の正体を知らされていなかったので野島さんはじめ、スタッフの方々にお会いしたときに非常にびっくりした記憶があります。
ゲームファン、RPGファンだったら一度は目にしたことがある、
スペシャリストが揃った作品なのでみなさんの期待を裏切ることはないはずです。
是非、期待してほしいです。

▲ PAGETOP

ファズ役 中村悠一さん

収録を終えた感想、キャラについて

収録は楽しくやらせていただきました。
スタッフの方から細かく説明を頂きつつ、色々と相談しながら収録できたので良かったです。
ゲームのボイス収録は完成してみないとわからないので、出来上がりが楽しみです。

ジグもそうですが、ファズも「青さ」があると思いました。
その「青さ」をどこまで出したらいいのかが難しかったです。
ゲームはひとりずつ収録するので他のキャラがどう演じたのか、
いろいろと考えながら演じさせていただきました。
正解かどうかわかりませんが(笑)

ファンへメッセージ

ゲームはプレイしやすいそうですね。
お話として一つ通ったテーマがあります。
そこを楽しんで欲しいです。
でも、ストーリーの横の広がりもたくさん用意されている脚本でしたので、
深く掘り下げて楽しんでもらうこともできると思います。
まあ最初は深く考えずにどんな話なのかなって、
気軽に手にとっていただけると嬉しいです。

▲ PAGETOP

レン役 井上麻里奈さん

収録を終えた感想、キャラについて

前回プロモーションビデオのボイス収録をしたときから、
本編の内容が気になっていて本収録の日を今か今かと待ち望んでいました。
今日こうして本収録ができて嬉しく思っています。
今回は他のキャラとの掛け合いはなかったのですが、
映像を見せていただきながら収録できて、
文章では理解できなかった部分を映像で補いつつ収録できたのでやりやすかったです。

レンちゃんは凛々しいけど女の子らしい脆い部分もあります。
女の子は色々と感情が変わりやすいものなのでこういうものだと理解してください(笑)
嫌味にならないように彼女なりの正義を見せていきながら演じさせていただきました。

ファンへメッセージ

主役の神谷さんが「このゲーム面白そうだよね」とおっしゃっていたのですが、同じくです!
私もPSPでどこへでも持ち運んで、ランキング1位になれるよう頑張りたいと思います。
発売まではプロモーションビデオをご覧いただきたいと思います!

▲ PAGETOP

マキス役 羽多野渉さん

収録を終えた感想、キャラについて

非常に順調に収録が出来て良かったです。
ファンタジー作品は聞きなれない言葉が多いと思います。
マキスはそれを説明していくプレイヤーにとってありがたい役です(笑)
その点をしっかりと気をつけながら演じさせて頂きました。

マキスの役柄は台本を読んだり、
現場で制作スタッフの方と話し合いをしていくなかで次第に掴んでいきました。
ステレオタイプのお調子者でうさんくさいだけではなく、
バックボーンあり、自分の目的に向かって動いています。
表面上は優しいお兄さんみたいですが、
特殊なキャラ、深い部分があるキャラだと思います。
収録の中でマキスと自分がシンクロしていって台詞が馴染んでいく感じでした。

ファンへメッセージ

この記事を見るころには大いに盛り上がっていると思います。
みなさんが期待されているラストランカー
楽しんで頂けるように、大切に演じさせて頂きました。
楽しみにお待ち下さい。

▲ PAGETOP

タイロン役 安元洋貴さん

収録を終えた感想、キャラについて

特に役を作りこむこともなく、素に近い感じでストレスなく演じることができました。
ネタバレになるので多くは語れないのですが、完成が楽しみです。
登場人物たちがストーリの中で色々と立ち位置が変わっていく部分が気になりました。

ファンへメッセージ

とっつくにくいゲームではないので、いろんな方に手にとっていただきたいと思います。
ただ生易しいわけではなく、骨太なゲームなのでやりこんだもの勝ちです。
一生懸命愛してプレイしてください。

▲ PAGETOP

ハース役 関智一さん

収録を終えた感想、キャラについて

「強さ」を純粋に追い求めている男ハースを演じさせていただきました。
裏表がなく、潔いハースなのでブレずに楽しく演じさせていただきました。
野心などがないぶん「強さを求めて」一点を突き詰めたキャラクターなので演じやすかったです。

ファンへメッセージ

ゲームを純粋に楽しんでいただきたいです。
この世界には色々な登場人物が出てきて、様々な思いを抱いている中で、
ハースはわかりやすいキャラです(笑)
悩んでいるときは彼の豪放磊落さを参考にしてみてはどうでしょうか。
ハースの口癖なども楽しみ下さい!

▲ PAGETOP

ユーリ役 斎賀みつきさん

収録を終えた感想、キャラについて

ユーリは非常に特殊な感情の持ち主だと思いました。
普段は落ち着いたクールな人物に見えますが、
中には秘めている内面がありますので…ぜひ、その部分にも注目して下さい。
とてもやりがいのある役でした。

ファンへメッセージ

脚本を読んで、とてもやりこんでいけそうな作品だと思いました。
特殊な世界、登場人物、ストーリーどれもが面白そうです。
是非みなさんも楽しんでやりこみプレイしてください。

▲ PAGETOP

ロザ役 遠藤綾さん

収録を終えた感想、キャラについて

最後に収録したのが戦闘ボイスだったのですが、とても印象的でした(笑)
ロザは想像していたキャラといい意味で違ったので、
それを自分の中で修正しながら演じました。
自分で台本を読んでいる時は淡々とした女性なのかと思ったら、

自分の役目だけに一生懸命かと思いきや
人間味があるキャラで台詞の一言一言に重みや、
理由があり、ロザはかわいいの女性だと思います。

ファンへメッセージ

映像や資料を見せていただいて、壮大で奥行きのある世界観を感じました。
変なキャラクターも結構いるようですので、
そのあたりどんなキャラがいるのかなと楽しみにしてもらえればと思います。

▲ PAGETOP

ゼブリラ役 銀河万丈さん

収録を終えた感想、キャラについて

今まで自分自身が演じたことがありそうでなかったキャラでした。
ゼブリラは台詞上で、ちょっと可愛らしい憎めない部分があるのですが、
そういった部分をどのくらい出せたかが気になっております。

ファンへメッセージ

スタッフの皆さんから、国家予算の10倍をかけた兵器があるとききました!
どんなものなのか! 是非、ご期待下さい!

▲ PAGETOP

ノーマ役 三石琴乃さん

収録を終えた感想、キャラについて

もっとしゃべりたかったです(笑)
呪文のカタカナの部分が一生懸命練習したんですけど、早口で難しかったです。

ノーマは見た目・性格も大好きなタイプです。
」ってこんな感じじゃないかなと思いました。
それをオープンにして生きているところが大好きで共感できました。

ファンへメッセージ

ノーマに振り回されたり、翻弄されたりしながら・・・是非楽しんでください。

▲ PAGETOP

センゴク役 小山力也さん

収録を終えた感想、キャラについて

ゴツイ顔ではありましたが、若者を演じる事が出来て嬉しかったです!!
収録に際しましては、スタッフの方々のモノづくりへの情熱に感謝しつつ臨みました!!これだけのもの、一から立ち上げるのは、本当に大変な事です!!
センゴクは、豪の者、憧れます。
たくさんの戦士の中でも、一際ストイックです。
素晴らしい若者を演じられて光栄です!!
……あと、恋愛模様の展開があれば、もっと嬉しかったなあ!!

ファンへメッセージ

ゲームは、業界もソフトも、日々進歩、日々進化、ある部分、映画を超えるようなところまで来ています。
CG始め、デジタル技術は素晴らしいですが、そんなキャラクターに、生の声をあてていただけるのは、本当に嬉しい事です!!
一生懸命演じましたから、どうか、その情熱を汲み取っていただけますように!!
何度もプレイしていただけますように!!

▲ PAGETOP

ポッド役 千葉進歩さん

収録を終えた感想、キャラについて

ラストランカーという世界が戦いがすべて、みんなが戦士という中で
「敷居の低い登竜門」という存在を演じさせていただきました(笑)
ただし、役どころとしてはプレイヤーが誰しも通らなければいけないという重要な役です!
シビアな世界の中で、ちょっとドジだけど人から好かれるポッドという役を、
非常に自由に演じさせていただき、収録は楽しくてあっという間でした。

ファンへメッセージ

まずボクを倒さないとこの世界は始まらないので、
慣れるまではポッドに倒されてください。唯一の見せ場はそこです!
あ、でもちょこちょこと出てきますけれどね。
またこの世界の戦いの中に含まれた人間ドラマにも大注目してください。
そして自分の戦士をどんどん強くしてください。楽しいゲームだと思います。

▲ PAGETOP

リド役 KENNさん

収録を終えた感想、キャラについて

出し切りました!
スムーズな収録でしたが、時間内でエネルギーを出し尽くた感でいっぱいです。
リドは一見チンピラ風な感じですが、兄貴・仲間思いで素直な奴です。
ただ、その表現の仕方が若干不器用なんじゃないかと。
自分も不器用なのでその気持ちが良くわかります。
演じていて気持ちの良いキャラクターでした。

ファンへメッセージ

自分自身小さい頃からカプコンさんのゲームをプレイさせてもらっているので、
この作品はユーザーとしてもとても楽しみです。
是非みなさんも楽しみにしていてください。

▲ PAGETOP

ベイガー役 柿原徹也さん

収録を終えた感想、キャラについて

ベイガーという役を早く捉えることができて、収録が本当に楽しかったです。
いろいろと遊ばせて頂きつつ、自分なりを詰め込みつつ!
ベイガーは主人公を引っ掻き回す役で、自由に演じることができました。
インテリチンピラという役どころは初めてだったのですが、まだ演じ足りないです。
もっと演じたいです(笑)

ファンへメッセージ

時間をかけて制作されている作品です。
制作スタッフも遊び心のある人たちなので最高の作品に仕上がるんじゃないかと思っています。
PSPなのでいつでもどこでもプレイできますし、
幅広い人にプレイして欲しいです。

▲ PAGETOP

イゴリダ役 豊口めぐみさん

収録を終えた感想、キャラについて

絵を見せていただいてカッコイイ役だなと思いました。
他の声優さんのキャスティングを見て、自分はどう演じようかと考えました。
自分の思うとおりに演じてみたら大丈夫だったので安心して無事終えることができました。

イゴリダは感情のふり幅が狭いので演じるのが難しかったです。
やりすぎると悪役になってしまうし、明るくすると誰?となってしまうので(笑)
どんなキャラクターなのかは是非ゲームでお楽しみ下さい!

ファンへメッセージ

ムービーを見せてもらいながら収録したのですが、
演じてとしても、ユーザーとしてもあのムービーにどういう風に声がつくのか非情に楽しみです。
カプコンさんということで素敵なゲームになるんじゃないかなと思います。
みなさんも是非楽しみにしていてください。

▲ PAGETOP

ガルガノ役 福山潤さん

収録を終えた感想、キャラについて

最初に説明を受けてガルガノは個性溢れるキャラ、屈強なキャラが多いなかで、ちょっと小柄でお調子者なのかなと思いました。
ガンマンでサングラス。
サングラス邪魔じゃないですかね?(笑)
ガルガノは性格的に明るいキャラですが、もう一面として自分の意志にまっすぐな青年です。
彼の目的と正義が世界の成り立ちとどう向き合っていくのか。
是非、楽しみにしていただきたいです。

ファンへメッセージ

みなさんにプレイしていただける日を心待ちにしております!
僕自身もランキングシステムがどのようなものなのか、今から楽しみです。ガルガノは二丁拳銃で戦いますので、是非ガルガノを愛でてください。

▲ PAGETOP

ミシー役 名塚佳織さん

収録を終えた感想、キャラについて

完成が何より楽しみです。資料で見せてもらった絵コンテなどがどのように仕上がるのか、ユーザーとして気になります。

ミシーに関しては見せていただいた絵からおとなしそうな感じかと思ったのですが、思いのほか元気な子で意外な感じでした。
演じていて表情豊かで可愛らしいなあと思いました。

ファンへメッセージ

是非楽しんで最後までプレイしてもらえればと思います。
私はゲームオンチなのですが、みなさんに最後までプレイしてもらってミシーの声を聞いてもらいたいです。

▲ PAGETOP

ラストランカー 製品情報
イーカプコンで購入する

  • 対応ハード
    プレイステーション・ポータブル
  • ジャンル
    RPG
  • 発売日
    好評発売中!(2010年7月15日発売)
  • 価格
    2,000円+税
  • プレイ人数
    1人
  • 開発
    イメージエポック/カプコン
  • 備考
    メディアインストール対応

CEROレーティング:B(12才以上対象)