Twitter

Twitter

Dragon's Dogma(ドラゴンズドグマ)

タイアップ情報

人気ファンタジー作家 水野良先生とのタイアップが決定!ファンタジー小説界の巨匠による『ドラゴンズドグマ』の世界に注目!

『ロードス島戦記』や『魔法戦士リウイ』等で人気の作家・水野良先生とのタイアップが決定!
水野先生ならではの解釈で繰り広げられる『ドラゴンズドグマ』の世界に注目!

今回は『ドラゴンズドグマ』の壮大な世界観をより深く楽しんでもらう為に、ゲーム内では語られないゲームの
導入部分となるストーリーを特別に執筆!

水野 良 先生からのコメント

ドラゴンズドグマについて

ドラゴンズドグマの世界観を見て、どう思いましたか。

高純度なハイファンタジーという印象を受けましたね。

日本では主流といえるライトファンタジーの要素をいっさい排して、まるで『ロード・オブ・ザ・リング』を彷彿させるような
壮大さ、重厚さ、奥の深さを感じる世界観です。

実際にプレイしていただいて、どうでしたか。

ひと目見ればわかることですが、グラフィックの緻密さにはとにかく驚かされます。
また自由度がとても高く、「なんでもできる」「どこでもゆける」という感覚も魅力的です。

そして、AIで動き共闘してくれるPAWNという存在が興味深い。
このAIとの連携をつきつめてゆくことが、ゲームの醍醐味になる気がします。

多くの名作群を執筆され、更には多くのゲーム作品にも携わる水野先生の考える
『ドラゴンズドグマ』の魅力はどのようなものですか。

なんといっても、ディティールにこだわりぬいて描かれているモンスターとの戦闘ですね。とにかく"本物感"があります。

登場するモンスターの多くが、ギリシア神話に登場していることもあり、
まるで自分が英雄ヘラクレスになったような高揚感を覚えます。

まあ、私は強敵相手のときには後方に下がって、PAWNの支援あるいは応援にまわっていると思いますが(笑)

今回の取り組みについて

この壮大なゲーム『ドラゴンズドグマ』に力を注いで作ったカプコン開発メンバーに対して、
どのような印象がありましたか。またお伝えしたいことはありますか。

ここまで本格的なファンタジー作品に挑戦していただいて、「ありがとう」と言いたい気持ちです。
開発中の苦労が目に見えてわかりますから(笑)。

それと、売れてほしいですね。とくに日本で。多くの方に、このゲームでファンタジーの神髄を体感してほしいです。

ストーリーを執筆いただくことについて、最初聞いたときはどう思われましたか。

正直、意外でしたね。カプコンさんが私を指名したのはどうしてかなと(笑)。

ただ、この作品が意図するところには十分、共感できましたし、協力させていただきたいと思いました。
どこまで、作品の魅力を伝えられるかわかりませんが、非才のかぎりを尽くすつもりです。

ストーリーを執筆いただくことについての意気込みを教えてください。

ファンタジーを書いてきた作家として、『ドラゴンズドグマ』に挑戦してみたいという気持ちです。

この世界観をどこまで理解しうるのか、またそれをどう文章で表現するのか?
すでに構想はまとまっていますので、執筆にかかります。

ユーザーの皆様へのメッセージ

最後にユーザーの皆様にメッセージをお願いいたします。

皆さん、私とともに『ドラゴンズドグマ』の応援団になってください。
日本からも、本格ファンタジーを発信できるということを、ぜひ世界に示しましょう。

▲ページTOPへ

PlayStation®3  Xbox 360®
モバイルサイト